以前のブログでボウイ展に関連して15歳の少女とジギーの出会いという内容の投稿しました。→ こちら

 

また、その後の投稿でその彼女が今、草文化探求・草の翻訳家として葉山で暮らしているという投稿をしました。→ こちら

 

その彼女が今かかわっている宮古島の馬をまもっていく運動

秋分の日9月23日に京都で「スケッチ・オブ・ミャーク」というドキュメント映画の上映会があり彼女が宮古馬についてお話をするということです。

21150140_1648392655173182_4708033295256742148_n

以下、彼女のフェイスブックから引用

秋分の日、京都で馬のお話会(なぜ私が・・?なのですが;)と、「スケッチ・オブ・ミャーク」の上映会をすることになりました。最近はお馬のことしかしていない成り行きになっています。宮古馬の生存の問題に関わって動いている間に、その問題自体はきっかけに過ぎず、もっと深淵な次元の話だとの思いが至りました。
馬たちは今、いよいよなにかを携えて私たちの前に姿を現した、そんな気が強くしているのです。その仲立ちのお役目がこれから始まりそうです。そんなわけでこんなチラシもつくってみました。お近くの方、タイミングあったらどうぞいらしてくださいね*
葉山と京都の友人たち、稲垣遼くんと臼井万紀子さんとの共同主催です。

+++++

「スケッチ・オブ・ミャーク」上映会
+ 宮古馬のお話

沖縄先島の海に浮かぶ宮古島、
そこには小さなお馬たち、
ミャークヌーマ、宮古馬たちが
ひっそりと暮しています。

ミャークとは宮古のこと
ヌーマは馬

絶滅を危惧される在来馬で、
県の天然記念物に指定されていながら、
実情は県や市の無関心により、
生存も危惧される大変厳しい状況に置かれています。

今回、宮古島の霊力を纏う映画
「スケッチ・オブ・ミャーク」
宮古の神々と、それをとりまく島の古老たちの織りなす
この稀な記録映像を見ていただきながら
映画のなかにも神の遣いとして登場する
宮古馬たちのことを知っていただき、
上映後に宮古馬の現状のお話を少しさせていただくことで
馬という生き物が、この時代に携えてきたメッセージを
汲み取りたいと、
このような催しをすることになりました。
ご参集いただけましたら幸いです。

14:00 スケッチオブミャーク上映。

15:45
ー休憩ー
16:00 宮古馬のお話。(お話し 矢谷左知子)

16:35

日時 9月23日(土)14:00-16:30(open 13:30〜)
会費 3000円(当日3500円)
会場 Battering Ram バターリングラム2F イベントスペース
京都市営地下鉄烏丸御池駅より徒歩約8分
京都市中京区西洞院通三条下ル柳水町76
https://www.facebook.com/batteram1/
定員 30名
お申込み/お問合わせ
080-5425-0843

 

数十年ぶりの彼女との再会も楽しみなのですがこの映画大好きなミュージシャン久保田麻琴さんが原案、監修、出演、整音でかかわっていてこの映画も楽しみです。

→ こちら

 

 

 

 

  Filed under:映画 /  Comments (0)

先日7日(木)に東京へ日帰り出張があり東京都美術館で開催中の「ボストン美術館の至宝展」も観てきました。

朝一に着いた上野公園はまだ蝉が鳴いていて小雨の降る蒸し暑い中、商談も兼ねて東京都美術館へ

21271257_1443255105788715_4216043764261713003_n

古代エジプト~中国美術~日本美術~フランス絵画~アメリカ絵画~版画・写真~現代美術

ツタンカーメンから村上隆までと何でもありの展覧会。

ひとつの分野に限定してもっとしっかりと鑑賞したい方にはちょっとものたらない展覧会かもしれません。

ただ、僕にとってボストン美術館はミュージアムグッズの仕事の原点でもあり今回来日していたモネの「睡蓮」「ジベルニーのひなげしの盆地」ルノワールの「花瓶の花」

この三点は特に思い入れのある作品。

懐かしい思いで鑑賞しました。

 

この展覧会は10月9日まででその後、神戸へ巡回して来ます。

→ 展覧会サイト

 

今日9月9日(土)から名古屋松坂屋美術館でジュエリーブランド「ギメル」の展覧会が始まります。

会期は短く17日(日)までです。→ こちら

  Filed under:展覧会 /  Comments (0)

スヌーピー世代

スヌーピー世代というと40代~50代という事になるのでしょうか

もちろん今の若い子達にも人気はあるのでしょうけれど今はスヌーピー以外にも多くの人気キャラクターがありますよね。

50代の者が中学生の頃ってスヌーピーぐらいしかなかったような気がします。

彼女とスヌーピーのノートで交換日記した思い出が・・・・・

 

今、阪急うめだ本店の9階祝祭広場では「うめだスヌーピーフェスティバル2017」が開催中

毎年好評のこのイベント今年はさらにパワーアップしているようです。

21192671_1329274087201930_3166407655408038945_n

当社の青衣も参加しています。

「家々柄」の屋根にスヌーピー

21192383_1329274960535176_4289100037723942908_n

「森とムクドリ柄」ムクドリではなくウッドストック

21105996_1329274880535184_6334795234594198139_n

このイベントに「青衣」が参加するのを楽しみにしてくれていた知人たちからLINEやメッセンジャーで何枚も写真が送られてきました。

 

ハンカチまとめ買いしてくれた人やわざわざ遠方からポーチを買いに来てくれた人など本当に感謝です。

コラボコーナーの評判はどうなのかな・・・・とちょっと心配していたのですが3日(土)には既に「欲しかったポーチで完売のモノがあった、しかたなくハンカチを買ったよ」という知人もいたのでその人には申し訳なかったのですがちょっと一安心。

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムでチェックすると「スヌーピーとウッドストックがさりげなく描かれている」というコメントと共に投稿されていたりとまずまず好評価のようで来年にも繋がればなと思います。

このイベントは9月11日(月)まで

文房具好き

文房具好きの人って結構いるもんですね。

今年5月老舗文具メーカー「コクヨ」のコンセプトショップがオープンしたそうです。

→ こちら

  Filed under:お店 /  Comments (0)

先月末から北海道立近代美術館で始まった「ゴッホ展巡りゆく日本の夢」

 

作らせていただいたアートソックスがオフィシャルサイトのグッズページに掲載されています。

「寝室」「花魁」「アイリスの咲くアルルの風景」の3種

各¥2,160(税込)です。

→ こちら

  Filed under:商品,展覧会 /  Comments (0)

先月まで北海道立近代美術館で開催していた「レオナルド・ダ・ヴィンチとアンギアーリの戦い展」が広島に巡回

今日から広島県立美術館で開幕します。

→ こちら

 

この展覧会、北海道でも多くの来場者があり会期中ショップでは定番の一筆箋や新たに投入したアートクロスシリーズのバッグ、アートソックスをたくさん販売していただきました。

 

それで広島でも・・・と思っていたのですが

広島ではこの展覧会には何も関係無いのですが「青衣」を販売していただく事になり、ハンカチ、ソックス、ポーチ等小物中心に展開していただきます。

横浜市美術館、新潟市美術館、あべのハルカス美術館、そして今回の広島県立美術館と

少しずつ青衣をお取扱いいただくミュージアムショップが出てきました。

大津パルコ閉店

先月末で滋賀県の大津パルコが閉店21年の歴史に幕をおろしました。

個人的には映画館も含めよく行ったところなのでなんとも寂しい気持ちでいっぱいです。

映画館は曜日、時間限定でしばらく継続、また新たな商業施設に生まれ変わるという事です。

→ ニュース

  Filed under:お店,ニュース /  Comments (0)

うろこ雲

9月に入って北から空気が入れ替わりずいぶんと過ごしやすくなりましたが、このまま涼しくなってはくれないでしょうね・・・

そのせいか、または東日本に近付いている台風のせいか、一昨日の空は秋の空、一面にうろこ雲が現れていました。

 

この写真は知人のフェイスブックからお借りしました。

21192881_367809516988452_6916425925570915602_n

 

夕方には怖いような夕焼けに。

21151460_1438469196267306_7969114517338786633_n

季節は移っていきます。

 

  Filed under:日々雑感 /  Comments (0)

昨日、今秋の展覧会の事をいろいろ投稿したところですが

今日から始まる展覧会をひとつだけ紹介

 

大阪市立美術館

土佐光起 生誕400年 近世やまと絵の開花~和のエレガンス展

ショップで源氏画帖のマルチクリーナーや百人一首ハンカチを販売していただきます。

会期は10月1日まで詳細は → こちら

  Filed under:展覧会 /  Comments (0)

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社