しばらく晴天の休日が続いていましたが、昨日は久しぶりに雨の日曜日。

やっと見ました。借りていたDVD「インセプション」2010年アメリカ映画

いんせぷしょん

歳をとってくるとだんだんと頭が固くなってくるのかこの手の映画になかなかついていけません。

週末のリラックスしようとする頭にさらに刺激をあたえるこの映画は

さすがにちょっときつかったですが、すごくよく出来た内容の映画だと感心しました。

 

眠っている間に夢に入り込み他人の潜在意識に侵入。

アイデアを盗んだり植えつけたり、夢という架空世界を映像化したSF。

夢の中での夢、そのまた夢、さらに夢、

そんな複雑なストーリーを見ていく中での重要なカギがいくつかのルールです。

夢を設計して入っていく

夢の主が侵入に気づくと無意識に排除する内容の夢になっていく

夢の中で死ぬか、キックと呼ぶある種の刺激をあたえると夢から覚める。

夢の中の時間と現実の時間の速度の違い。

何らかの刺激は夢にも影響をあたえる。

夢か現実かを判断するのは独楽、回り続ければ夢、止まれば現実。

それらのルールが2層構造、3層構造、4層構造の夢の夢の夢の世界で

複雑にからみあって一寸たりとも気の許せない映画となっています。

 

頭を柔らかくするためにたまにはこんなSF映画もみないといけませんね。

ところで結局デカプリオは現実に戻れたのか?

虚無に落ちていったのか?

もう一度注意してみればヒントが見つかるかもしれませんが・・・・・

そこまでのするのもしんどいし、どっちでもいいです。

★★★

 

夢の世界って本当に不思議ですよね。

良い夢を見ていて、続きが見たいとまた寝て本当に続きが見れることもあるし、

寝ているときに自分にされていることが夢に影響をあたえていたり

そんな誰でも不思議に思っていることをヒントにここまでの映像にするってすごいですね。

 

僕も何度か夢の中で潜在意識に良いイメージを植え付けられて

物事がうまくいった経験があります。運転免許試験、スキー、など・・・・・・

仕事でもなんとか潜在意識をコントロールしてうまくいくといいのですが、

家族によると、僕は最近よく夢にうなされているらしいのでちょっと気になります。

  Filed under:映画

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社