今日、4月7日からスタートする展覧会を五つ紹介

 

■いつだって猫展 静岡市美術館

昨年のちょうど今の時期京都文化博物館で大盛況だった展覧会

猫ブームまだまだ続きそうです。

会期は5月20日まで → こちら

 

■足立美術館所蔵 横山大観と近代日本画名品展 新潟市新津美術館

実ははじめて聞く名前の美術館だったのですが、なかなか素晴らしい美術館のようです。

遅い春の訪れた北陸・新潟で近代日本画の名品を!

会期は5月20日まで → こちら

 

あと三つは近畿・京都、大阪、兵庫で開幕する展覧会

■池大雅 天衣無縫の旅の画家 京都国立博物館

年に二度、春と秋に大きな特別展を行なうという事が定着した京都国立博物館

今年の春は池大雅 会期は5月20日まで → こちら

 

■フランス宮廷の磁器 セーブル、創造の300年展

昨年11月から年明けまで六本木サントリー美術館で開催され盛況だった展覧会が大阪に巡回です。

また、東洋陶磁美術館では昨年のちょうど今頃、ヘレンド展が行なわれ大盛況でした。

二年続けてヨーロッパ磁器の名品を鑑賞出来ます。

会期は7月16日まで → こちら

 

■連作の小宇宙展 姫路市立美術館

姫路城の桜はもう散ってしまったかもわかりませんが、3年前の春の大天守保存修理工事完了後の美しい姫路城をまだ見ていない方はちょっと足をのばすのも良いのでは・・・

連作と言うくくりで企画された展覧会です。

会期は前期が5月20日まで、後期は5月22日~6月24日まで → こちら

  Filed under:展覧会

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社