■「ムーンライト」2016年 アメリカ

18010322_1308512942596266_3388100817005174629_n

第89回アカデミー作品賞

いじめ、貧困、麻薬、ゲイ…様々な問題を背景に幼少時代~学生時代~大人へと成長して行く主人公を描いています。

日本人の僕らには非現実すぎて感情移入は難しいですが、不幸すぎる酷い状況を対照的な美しい映像(黒人の肌、表情、目とか、しゃべり方とか、演技に僕は見入ってしまいました)と心地好い音楽で描いた作品。

ラ・ラ・ランドでなくこの作品が作品賞で良かった。★★★★

 

今月観たのは、この一本のみ

なので今日はちょっと音楽の事も♪

 

今年もジェームズ・コットン、チャック・ベリーと好きなミュージシャンの訃報が続きましたが

先日も高校時代よく聴いてコピーバンドでも演奏していたJ・ガイルズ・バンドのギタリストJ・ガイルズが亡くなりました。

よく聴いていたミュージシャンの訃報は特に悲しいものです。

 

それから、チャック・ベリーといえば38年ぶりの新アルバムが6月に発売されます。

邦題は『チャック〜ロックンロールよ、永遠に。』 → こちら

 

今月はライブもふたつ

■4月8日 スティーヴン・タイラー@Zepp Osaka Bayside

17757470_1291241204323440_5633093845704567999_n

エアロスミスのヒットナンバー中心にカバーもあり、所々ソロアルバムのナンバーを良い具合にはさみながらの2時間弱。
ドリーム・オンはピアノ弾き語り
ジェイニーズ・ガット・ア・ガンはアコースティック
アンコールはウォーク・ディス・ウェイからツェッペリンの胸いっぱいの愛を。
大満足、久しぶりのロックな夜♪

この人のライブレポート良い感じでまとめられています。→ こちら

 

■4月22日 MOJO SAM@拾得

17990913_1308661819248045_5892221190246350099_n

久しぶりにフルメンバー、総勢15人

アンコールは最近のパターン昭和歌謡

 

4月は大物アーチストの来日が続きました。

スティーヴン・タイラー、ノラ・ジョーンズ、メアリー・J・ブライジ、サンタナ、コールドプレイ、ポール・マッカートニー、ドゥービー・ブラザーズ

この中で僕が行ったのは先に紹介したスティーヴン・タイラーだけ、東京公演は、いまや往年アーチスト来日の聖地ともいえる日本武道館でしたが大阪はゼップ大阪ベイサイドというライブハウス

大物アーチストをこの規模のところで観る事が出来、スマホも撮り放題、本当に値打があったと思います。

 

あと、コールドプレイの以前のインタビューでちょっと興味深い内容があった事を思い出したのでコレに関連しての個人的趣味の投稿をGW連休中にしたためます。

おまけ:コールドプレイは5月14日放送の「行列のできる法律相談所」にゲスト出演だそうです。

 

  Filed under:映画,音楽

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社