3月にみた映画

■DVD「ポテチ」2012年 日本

原作:伊坂幸太郎 主演:濱田岳 音楽:斉藤和義

こんな映画、公開されていたの知りませんでした。

「ポテチ」って変なタイトルですがこのメンバーならば間違いはないだろうと飛びつきました。

 

結構つらい内容なのにほのぼの。

同じ日、同じ時間に、同じ病院で生まれた男の子

ひとりはプロ野球選手

ひとりは空き巣

病院での取り違え

もしかしたら自分の母親はスラッガーの親になっていたかも

 

塩味とコンソメ味のポテチを取り違えて

それも良いか!悪くないやん!

伊坂の味がちょっときいた短編映画という感じで悪くないです。

★★★☆

 

■DVD「僕達急行A列車で行こう」2012年 日本

森田芳光監督の遺作となったこの作品

特に盛り上がりなく淡々とした中にわかる人にはわかるような細かすぎる笑いをそこここに散りばめた映画、リラックスしながら楽しむにはちょうどいい感じの作品でした。★★☆

 

■DVD「瞳は静かに」2009年アルゼンチン

前に観た「瞳の奥の秘密」でアルゼンチン映画の質の高さに好印象を持っていて、タイトルも似たような「瞳の~」なのでかなり期待したのですが、馴染みのないアルゼンチン軍事政権下の状況がわかりづらく、なかなか入り込めない作品でした。

子供たちから見た大人の世界、シエスタをしなさいと誤魔化されながら、垣間見る大人の世界がなんとなく不気味に描かれていて、そんな中で子供が段々と無口になっていき大きく異様な瞳だけが印象に残っています。

★★★

 

■BSシネマ「エターナル・サンシャイン」2004年 アメリカ

以前観たときはめちゃくちゃ感動し、何度も繰り返し観た記憶があるのですが、年取って感覚が鈍ったのかカウフマンワールドについていけませんでした。トホホ、もう一度ちゃんと観よう。

最近ゆるい映画ばっかり観てたしなぁ。

★★★

  Filed under:DVD,テレビ,映画

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社