桜蘂降る

晩春の季語「桜蘂降る」

30716246_1661948877252669_3183533968586702848_n

「さくらしべふる」と読みます。

「桜蘂」だけでは季語にならず「桜蘂降る」で季語になります。

以前の投稿で「花は盛りに~」と書きましたが、同じような意味で地面に散った桜の蘂も愛でるという事です。

  Filed under:日々雑感 /  Comments (0)

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社