■スリー・ビルボード

174042

ビルボードというのはアメリカの田舎道の脇に立ってる大きな広告看板の事なんですが娘の殺人事件がいっこうに解決しないことに業を煮やしたお母さんが警察を非難する広告を個人で出したことがきっかけで起こるいろんな事が3つの看板、3人の登場人物で描かれています。これが皆、暴力的で全然感情移入出来ないんですが…応援しようと観てると裏切られ、クズだと思ってた者がちょっと良いところあったりで良い意味で裏切られた作品です。

 

■サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ

27857795_1592503864197171_3958362953836426900_n

去年の今頃、このドキュメント映画の事を知り待って待ってほぼ一年待ってようやく京都に回って来ました。
キューバのミュージシャン達の日常と演奏を描いた「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」とか宮古島の古謡や神唄の歌い手達を描いた「スケッチ・オブ・ミャーク」と同じようなイメージを持っていたのですが、ブエナ~は音楽を職業とする人達、スケッチ~は選ばれた人達、こちらはもっと生活に密着したドキュメント。
生まれたときから音楽や踊りと共にあり読み書きは習わないけどフラメンコは覚えていって子供の頃から小銭を稼ぐジプシー達。特殊なロマの洞窟の人々の暮らしそのものが描かれていました。
情熱的で感情むき出しで時には卑猥に歌い踊りそれをあおる手拍子とギター。
待ったかいがありました。
字幕監修に懐かしい小松原庸子さんの名前が!

 

■東の狼

27657090_1594391230675101_1731633436090973119_n

奈良出身の河瀬直美監督が昨年の奈良映画祭のエグゼクティブ・プロデューサーを務め、キューバ出身の若手監督を抜擢し作られた作品。

日本で最後に狼が捕獲された東吉野村で藤竜也演じる年老いた猟師が今も狼がいると信じて山に入っていくという内容。

キューバの新鋭カルロス・M・キンテラが子供の頃観たという日本人監督が作った「キューバの恋人」という映画に影響を受け今回の作品を作ったそうです。

キューバで漁業指導をしていた日本人漁師アキラがキューバの革命女戦士と恋に落ち・・・・・と言う内容の「キューバの恋人」

そのアキラが漁師から猟師に変わって狼とかつての恋人の亡霊を重ねあわせるという物語です。

自分の故郷をスクリーンで観るというのは嬉しいような懐かしいような、なんとも妙な気持ちでした。

 

今月は映画の他にライブを3回

■シーナ&ロケッツ

27337120_1586221071492117_3120708788931229899_n

2月はコーヒーハウス拾得の45周年アニバーサリー月間で連日豪華なラインナップ

3日(土)に行われたのはシナロケ

69歳(ロック)の鮎川さん最高にカッコよくまさにロケットライディングな夜でした。

 

■上田正樹

27867529_1598894743558083_3322359347860785533_n

これも拾得45周年ライブ

サウスのメンバー有山さんと正木五郎さんを加えて当時のナンバーもまじえながら幸せな時間でした。

 

■MOJO SAM

28168398_1607982339315990_907476172726670755_n

最後は拾得45周年プログラム最終土曜の夜

1980年12月15日のローリングピーナッツレビュー(当時毎週第3月曜日のチャージ無料日)以来37年間ここのステージに立ち続けているR&BバンドMOJO SAM

アンコールの前にはオーナーの拾得テリーさんフーさん夫婦に花束が贈られ、アンコールでは拾得テリーさんの日本語作詞で知られる「ラッキー・オールド・サン」を歌うテリーさんにその場にいた皆の心が熱くなった夜でした。

  Filed under:映画,音楽 /  Comments (0)

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社