2014.1月に観た映画

■「永遠の0」2013年 日本

今年最初の映画は大ヒット中のコレでした。

★☆

 

■「キューティー&ボクサー」2013年 米

ニューヨークに在住する81歳の日本人前衛芸術家・篠原有司男と、その妻である篠原乃り子をめぐるドキュメンタリー。

愛おしい、せつない、ラブストーリー → 公式サイト

ちょっと岡本太郎さんと敏子さんを思い出しました。

★★★★

 

■「少女は自転車に乗って」2012年 サウジアラビア=ドイツ合作

久しぶりに心に響く良い映画を観ました。

それが映画館の設置も禁止されている男尊女卑のイスラムの国サウジアラビアの映画

少女が自転車に乗りたいというだけのシンプルな内容でここまでの作品に作り上げるとは!

希望に満ちたラストの爽やかさは感動です。★★★★☆

 

■「母の身終い」2012年 仏

ヨーロッパにはこんな尊厳死のシステムがあるのかと驚きました。

淡々とした中に終活について考えさせられる映画

★★★

  Filed under:映画 /  Comments (0)

昨日、大阪で仕事を終えた後、観たかった写真展へ行って来ました。

大好きな70年代は被写体もカッコいいですね!

この写真展は今週末2月2日まで → こちら

  Filed under:展覧会 /  Comments (0)

今日1月29日(水)から東京・日本橋三越・新館7階催事場で

「北斎展~師と弟子たち~」が開催されます。

会期は短く2月3日(月)までです。

会期中、浮世絵ハンカチ、風呂敷など販売していただきます。

  Filed under:展覧会 /  Comments (0)

先日投稿した森アーツセンターギャラリー「ラファエル前派展」

オリジナルグッズはなんとか間に合った商品もありますが

これはまだこんな状況です。

オフィーリア現在色校正中・・・・・焦る。

できるだけ早くショップに出せるように頑張ってます。

最近はフェイスブックに偏りこちらはネタ不足の為、一回の投稿で済むものを小出しです。

 

先日投稿したサントリー美術館「伊万里展」のオリジナルてぬぐい

なんとか間に合いました。

琵琶湖大橋

暖かい週末で久しぶりに晴れました。

昨日は滋賀県守山市にある佐川美術館に納品

納品後近くの湖岸道路からの眺め

今日からはまた寒くなるようです。

1月もあと一週間体調管理に気をつけて頑張りましょう。

今日、1月25日(土)から六本木で行なわれる展覧会をふたつ紹介いたします。

 

 

 

■IMARI 伊万里展~ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器@サントリー美術館

 

17世紀初頭、佐賀県の有田一帯で作られた日本で最初の磁器は、伊万里港から日本全国に流通し「伊万里」と呼ばれました。伊万里は、17世紀中頃からオランダ東インド会社によって世界各地にも輸出されます。特にヨーロッパでは、高級実用品としてのみならず、宮殿や邸宅を彩る室内装飾として、王侯貴族の一つのステータスシンボルになっていました。

日本初公開となる大阪市立東洋陶磁美術館所蔵の輸出伊万里を中心に約190作品が展示されます。

展覧会オリジナルの手ぬぐいを作らせていただきました。

この展覧会は3月16日まで詳細は → こちら

 

■テート美術館の至宝 ラファエル前派展@六本木ヒルズ 森アーツセンターギャッリー

英国を代表する絵画の殿堂、テート美術館が所蔵する名品72点を通し、ラファエル前派を紹介する展覧会です。

一番人気はジョン・エヴァレット・ミレイの「オフィーリア」でしょうね。

代表作二点でマルチクリーナーを作らせていただきました。

この展覧会は4月6日まで 詳細は → こちら

  Filed under:商品,展覧会 /  Comments (0)

今日1月24日(金)から目黒雅叙園で毎年恒例の百段雛まつり展が開催されます。

今年は九州のお雛様が集合です。 → こちら

 

会期中、ショップではインジゴ染のタペストリー用生地などを販売していただきます。

お雛様の図柄もあります。

  Filed under:展覧会 /  Comments (0)

一昨日、仕事で三宮へ行った帰り兵庫県立美術館へ寄って来ました。

最新のポンピドゥーコレクションの展覧会「フルーツ・オブ・パッション」開催中です。

  Filed under:展覧会 /  Comments (0)

今日1月22日から京都高島屋6階の京都コレクションショップで

青衣の期間限定ショップがはじまります。 → こちら

28日(火)まで

 

今日の産経新聞朝刊25面トレンド通信に掲載いただきました。

一番寒い時期になってしまいましたがよろしくお願いいたします。

  Filed under:ウイルビー仕事 /  Comments (0)

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社