チーム力って何?

ロンドン五輪が終わって間もなく3週間、今月20日には東京銀座でメダリストたちの凱旋パレードがあり大いに盛り上がりました。はたして2020東京五輪招致への課題になっていた国民意識の高まりにつながるか?日本人は冷めやすいからなぁ。

パラリンピックも始まり日本人選手の活躍が期待されます。

 

今回のロンドン五輪では「チーム力」という言葉が目立ちました。男女競泳チーム、女子サッカーのなでしこジャパン、卓球女子団体、体操男子、フェンシング団体などの活躍、団結、結束、絆を力に変えることが出来たチームワークの勝利だといいます。また一方で個人競技でありながらチームジャパンとしてのぞんだ女子マラソンの失敗もありました。前回まではお互いをライバルとし極秘で各自トレーニングしていたのを今回の3人はお互いオープンにし、共通・共有にすることで遠慮が出てしまったといいます。

 

そこで・・・・・いつも「?」と思う事なんですが、

この「チーム力」っていったいなんなんやろ。

どんな姿が理想的な「チーム力」なんやろ。

我が社はテキスタイル、アパレル、雑貨、ミュージアムグッズ各部門が各自それぞれのスペシャリストとして日々仕事をしています。仕事の内容はほとんど関係する部分がありません。そんな中でどのようにしてウイルビーとしての「チーム力」を作り上げていくのか?これは常に頭の中にありいつも考えていることです。

 

ひとりがみんなの為に、みんなはひとりの為に、互いに補い合って、団結することで個の力を力量以上に発揮するというチーム力。

でも今回はちょっと違うような気もします。

印象に残っている話があります。

卓球女子の三人、普段は強烈なライバル通しで歳も違う、遠征ではお互いに顔も目も合わせない、口もきかない、互いに競い合うことで個々の技量が上がりより強いものとなる、その結果、個々のレベルも世界のトップクラスとなり世界でもトップクラスの3人がメダル獲得という同じ目標に向かってチーム力を発揮した。

やっぱり今までの和の精神のチームワークとはちょっとニュアンスが違いますよね。

パスでボールをつなぐサッカーも決して相手の取りやすいイージーなパスを蹴るのではなく対戦チームに取られないように早いパス、敵の裏に飛び出させるギリギリのパスを出します。

野球もお互いが譲り合うより俺が俺がと取り合う方が良い結果になります。

 

企業の場合の「チーム力」っていったいなんなんやろってやっぱり考えてしまいます。

 

「和の精神~連係プレーで目標達成というのには違いないのでしょうが、ITの進歩で仕事のスピードが上がり誰もが忙しい、職場での無駄は減ったけど人間的な繋がりも安心感も減った、成果主義の導入で仕事が各自各様に細分化された。結果チームワークより個人の目標達成が評価の対象になった。今は分断の時代だ」と、某情報誌に書いてありました。分断の時代のチームワークとは感動だそうです。

仕事の成果や達成感、皆、小さな感動からでもひとつひとつ作っていってほしいと思います。

 

8月は今日で終わり明日から新しい月になります。

どのような姿が理想的な「チーム力」なのか

これからも考えていきたいとあらためて思いました。

  Filed under:日々雑感 /  Comments (0)

今年はアメリカの老舗時計メーカー「ハミルトン」の120周年メモリアルイヤーです。

ハリウッド映画でもよく使われ映画俳優にも愛用されることの多いハミルトン

 

これはあるハリウッド映画の関係で入手した「ロイド・クロノ」

建築と自然の融合をテーマとし、建築史に偉大な足跡を残した建築家”フランク・ロイド・ライト”この偉大なクリエーターに対するオマージュとして、ハミルトンは1955年にロイドを製作しました。

 

これは以前作ったフランク・ロイド・ライトのバンダナ

  Filed under:商品 /  Comments (0)

先週末の同窓会に出席した同級生のひとりと同窓会後あらためてフェイスブック友達になり彼女もブログに同窓会のこと投稿したとのことでさっそく昨日の朝、通勤電車の中、スマホで拝見させていただきました。

知らなかった事あり、驚いたり、感心したり・・・・・

あらためて本当に皆めっちゃ前向きや!

 

ボクも頑張らねばと思い読ませていただいてたら、あぶない、あぶない・・・・・そのブログの中に載せてあった中島みゆきの「時代」(二次会のカラオケで彼女たちが歌った)の歌詞が突然涙腺のツボにはまり焦りました。中島みゆきってそれほど好きではなかったんですけど、どっちかというと暗く重い感じが嫌いだったんですが、いつからか(たぶんDrコトーの頃から・・・・)歌詞と歌のパワーに圧倒されるようになりました。好きというんではなくて(CD1枚も持ってませんから)圧倒されるんです。突き刺さってくるんです。これは中島みゆきの魔力です。

 

そんな時代もあったねと
いつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう
まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ

めぐるめぐるよ 時代はめぐる
別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

 

 

日々頑張っている、いや闘っている友人たちにはこの歌を「ファイト!」

 

ファイト! 闘う君の唄を
 闘わない奴等が笑うだろう
 ファイト! 冷たい水の中を
 ふるえながらのぼってゆけ

 暗い水の流れに打たれながら 魚たちのぼってゆく
 光ってるのは傷ついてはがれかけた鱗が揺れるから
 いっそ水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね
 やせこけて そんなにやせこけて魚たちのぼってゆく

 

昨夜、ユーチューブで中島みゆきを見過ぎたせいで今日は「永遠の嘘をついてくれ」が繰り返し脳内再生した一日でした。

 

  Filed under:日々雑感,音楽 /  Comments (0)

東京(三菱一号館美術館)~京都(京都国立近代美術館)と巡回してきたKATAGAMI Style展の最終会場、三重県立美術館での展覧会が今日から始まります。型紙といえば「伊勢型紙」この展覧会の最後を飾るにふさわしい場所での展覧会です。

この展覧会は10月14日(日)まで 詳細は → こちら

 

常設ショップでハンカチ、手ぬぐいなどを販売していただきます。

  Filed under:展覧会 /  Comments (0)

同窓会・続き

昨日の続き

 

「山あり谷あり乗り越えて~これからも努力・成長して行く~」

と書きましたが一番大切な事、書き忘れていました。

それは「健康」

お互い自分の身体のメンテナンスには十分気を付けて健康第一です。

  Filed under:日々雑感 /  Comments (0)

同窓会

昨日、中学校の同窓会があり奈良・橿原まで行って来ました。

皆、いい齢のとり方をして元気を分けてもらいました。

小、中、高、卒業30年経った頃から定期的に同窓会が開催されるようになり、先月には大学の卒業30周年クラス同窓会もありました。

同窓会に出席していつも思う事。

卒業して30年以上、その間それぞれ山あり谷ありの人生を歩んできたわけで、成功している奴もいれば何度も失敗を繰り返している奴もいる。上手くやってきた奴もいれば不器用な奴もいる。

学生時代賢かった奴もいればアホな奴もいたし、運動神経バリバリやった奴もいればどんくさい奴もいた、すごかった奴がうまくいくとは限らない、でも皆そこそこ頑張って何とかやっているようです。

それぞれの山と谷はどんなんやったのかなぁ・・・・・

これも人それぞれで自分にとってたいしたことのない山でも他人にはすごい山に思えたり、自分にとっては深くどうしようもない谷に思えても他人にはそれほどでもなかったり、それでもこうして皆集まって来るということは自分の力で、時には誰かに助けてもらって乗り越えてきているんですね。

それで自分はというと、たいした才能も運もなかったから、努力とまわりの人に支えられながらなんとかやってこれているのだと思います。

なまじ才能があると努力を学べない、運も永遠に続くことはない、いつか必ず来る山と谷に向かい合ったときどうしようもない高い壁だったり底なしの谷だったりします。だからいつも苦労の連続でもその乗り越え方を繰り返し習得していくことで自分も成長し変わっていけるのだと思います。いつか高い山も深い谷も越えられる。そして振り返ってみた山と谷はあんなに果てしなく高く深いと思えた壁でもそれほどでもなかったと感じるのです。

自分がしてきた努力がはたして圧倒的努力だったのかと問われると自信はありません。才能のある人よりははるかにしょぼいレベルの話だと思うから。才能のある人はもっと高いレベルをクリアし続けているのでしょうから。人生にはゲームオーバーはないので死ぬまで苦労は続きます。いや苦労じゃなかった、成長は続きます。

  Filed under:日々雑感 /  Comments (0)

昨夜のテレビのバラエティ番組で2011年世界で一番売れたアルバムがアデル「21」だと紹介されていました。

なんと1530万枚、2位のガガ「Born This Way」540万枚の約3倍、おまけに7位にもアデルの「19」が280万枚でベストテン入り、すごいですね。

なんか今ドラマにも使われていますね。

ちなみに日本の嵐が100万枚で世界で60番台に入っているそうです。

もう一つちなみに歴代で世界で一番となるとマイケル・ジャクソン「スリラー」1億枚以上です。

ちなみに僕はアデルと同じ英国の女性アーティストでもこちらのほうが好みです。

多くのスキャンダルもあったけどとにかくカッコよかった亡きエイミー・ワインハウス

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=1uhQ6heExlA[/youtube]

  Filed under:テレビ,音楽 /  Comments (0)

昨日23日出張二日目は東京

両国の江戸東京博物館で開催中の「二条城展」へ

開館時間は9:30~なので

それまでの時間を利用して近くの東京スカイツリーへ行って来ました。

せっかくなので早朝から約30分並んで上まで昇って来ました。

今日も暑くなりそうな東京の朝、8時過ぎにはフロア350天望デッキに、目が眩みそうな高さです。

せっかくなので天望回廊行きのチケットも約10分ならんでフロア445へ

傾斜のある回廊通路を歩いてフロア450最高到達点ソラカラポイントへ

 

これは怖い~帰りの途中、フロア340にあるガラス床

ミナペルホネンの制服

平日であれば8時の営業前早い目に並べば余裕で当日券が入手出来、天望デッキ、回廊もゆったりと見ることが出来ます。

空中散歩を十分堪能した後でも江戸博は近くなので9:30には十分間に合いました。

江戸博の「二条城展」二条城の重要文化財をこれだけ一堂に見やすく鑑賞できるチャンスはない!

というぐらいなかなかの展覧会です。

いろんなオリジナルグッズを作らせていただきました。

 

 

昨日~今日の二日間横浜~東京へ出張に出かけて来ました。

 

今回久しぶりに横浜美術館へ

今年の1月松井冬子展を見に行って以来の訪問です。

2001年に大規模な個展をして大きな話題になって以来11年ぶりの個展

「奈良美智:君や僕にちょっと似ている」の開催中

展示は今回初めて製作したというブロンズ像から始まります。

そしてかわいらしさと挑戦的な表情が混ざった女の子達は11年経って今回はちょっと大人っぽくなっていました。

 

横浜美術館での次の展覧会は記念すべき「祝!横浜美術館企画展100本目!」

11月3日~来年1月14日まで

「はじまりは国芳~江戸スピリットのゆくえ」 → こちら

 

東京ディズニー・リゾートを運営するオリエンタルランドの株価がこのところ上昇しているようです。

震災からのV字回復、新しいアトラクションも加わり益々好業績です。

間もなく開業30年をむかえるTDR

開業の頃、10代の友達どうしで何度も遊びに行った年代層が今40代となり彼、彼女らの新しいファミリーでリピーターとなり、この現象は今後も当分続くとみられるます。

そこで、僕らの年代層はというと

開業当時の1980年代はあまりお金のない貧乏学生、当時流行ったアメリカ西海岸への旅行で本場のディズニーランドへは行ったけど東京へは行かず、結婚し家族が出来ファミリーで初めて行って感動しリピーターに、子供が大きくなり家族では行かなくなったけれど、今度は子供なしでも行ってみるのも良いかなとも思う。

 

結局、これからは全ての年代層に受け入れられるTDRということです。

  Filed under:日々雑感 /  Comments (0)

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社