3月も最終日、間もなくあちらこちらで桜の開花も聞かれることでしょう。

美術館・博物館にアートを鑑賞に出かけるには絶好の季節となりました。

 

なんですが・・・・・せっかくの春休み3月最後の週末なのに終日雨のようです。

 

東京の天候はどうなんでしょう?

今日、3月31日(土)から

東京渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで

「レオナルド・ダ・ヴィンチ~美の理想展」が開幕します。

昨秋から静岡市美術館~福岡市美術館と二会場巡回してきての最終会場です。

日本初公開となる円熟期の傑作「ほつれ髪の女」は東京展のみの出展

見るのが楽しみです。

 

この展覧会は6月10日(日)まで → 詳細はこちら

 

野球とサッカー

今日からプロ野球が開幕します。

そういえば去年は震災の影響でいろいろと開幕をめぐってもめていましたね。

先週から甲子園選抜高校野球が始まり、大リーグ&プロ野球のオープン戦あり

マリナーズVSアスレチックスの開幕戦あり

そして今日日本のプロ野球開幕と、このところ野球一色です。

興味のない人にはどうってことないかもわかりませんが、

このちょっとした野球の盛り上がりはサッカーに押されていた

ここ最近にはなかったことで、それもこれもイチロー効果であるのは間違いないです。

友人から26日夜の東京ドーム「マリナーズVS巨人」を誘われてたのですが

週初めの月曜日から東京出張は無理です。

その友人はおそらく今週だけで2~3回は東京Dへ行っているようで

昨夜もかぶりつきのエキサイティングシートから間近で大リーガー達を見てきたはずです。

彼から「東京ドームなう」と写メールが送られてきました。

うらやましい~

 

サッカーはというと

ちょうど昨年の3月29日(一年前のブログでも書きましたが)

震災復興チャリティーマッチ頑張ろう日本!がおこなわれ、

Jリーグ選抜で後半出場したキングカズのドラマチックなゴールが世界に中継されました。

前出の友人によるとカズは結局昨年はこのゴールのみで

所属チーム公式戦ではノーゴールに終わったそうです。

サッカーは野球よりも一足早く開幕していますが、カズには頑張ってほしいです。

それとガンバ大阪のMF14番 倉田秋選手と

JFL所属のカマタマーレ讃岐のMF8番 酒井貴政選手

ふたりとも友人の息子さんなので特に注目、応援しています。

 

今年はオリンピックイヤー

野球は残念ながらオリンピック競技からははずれてしまいましたが

なでしこにメダルの期待がかかるサッカーは楽しめそうです。

 

2010FIFAワールドカップ・メモリアルグッズ販売中 → オンラインショップ

 

 

  Filed under:日々雑感 /  Comments (0)

今日、3月29日(木)から東京富士美術館で

「地上の天宮~北京・故宮博物院展」が開幕します。

昨年、東京富士美術館からスタートし全国巡回する予定だった展覧会です。

震災の影響で延期となり、昨夏北海道近美からスタートし、全国巡回、

このタイミングで東京富士美術館での開催となりました。

 

この展覧会は5月8日まで

その後も巡回するようです。

昨日は春らしい良い天気でした。

早咲きの桜が開花しているところもあります。

2012年春・大型特別展 続々と開幕します。

 

いよいよ今日3月28日から東京六本木の国立新美術館で

「セザンヌ展~パリとプロバンス~」が開幕。

近代絵画の父と称されるポール・セザンヌは南仏・プロバンスに生まれ

1860年代のはじめに画家としての成功を夢見てパリに出てきます。

パリとプロバンスの間を行き来して創作活動を行ったセザンヌの全貌を振り返る

100%セザンヌの展覧会。

有名な作品「リンゴとオレンジ」から、リンゴをワンポイント使いした

楽しいモノづくりをさせていただきました。

おしゃれなプロバンス発パリ行の切符型タグも付いたグッズ

紹介は後日いたします。

 

この展覧会は6月11日(月)まで

詳細は → こちら

ぶんぱく

京都文化博物館で開催中だった「北斎展」が一昨日25日午前のみで終了しました。

女子トイレで小規模なボヤ騒ぎがあって急遽午前中のみで終了となったそうです。

午後から行くつもりだった人には本当に残念な事だったのですが、

怪我や被害がなくてよかったです。

トイレに設置しているハンドドライヤーの故障だそうですがこんなことがあるんですね。

 

昨日、商品の撤去に行ってきました。

それなりに良く売れていたので最後の半日が残念です。

 

ちなみにこの「ホノルル美術館所蔵・北斎展」

来月からは東京日本橋の三井記念美術館へ巡回

4月14日(土)~6月17日(日)

 

さて、京都文化博物館、次回の展覧会は「芹沢銈介展」→ 詳細はこちら

期間中、1F常設ショップで同じく型絵染人間国宝・稲垣稔次郎グッズを

販売していただきます。

 

稲垣稔次郎グッズはオンラインショップでも販売中です → こちら

新生活応援商戦

先週から春休みに入って毎朝ゆったり目の通勤電車です。

あと一週間すると新社会人が、二週間すると新入生が加わりまた賑やかになります。

 

先月末から新生活商材のディスプレイに変わった各店頭、

フォーマル服、インテリア、家電、携帯ショップなど

どうやら「新生活応援商戦」は先週末がピークだったようです。

どこも多くのお客さんで混雑していました。

なんとなくいろんな期待でウキウキする春です。

  Filed under:日々雑感 /  Comments (0)

週末DVD

■君のためなら千回でも 2008年米

70年代のアフガニスタンで暮らす二人の少年ァミールとハッサンの物語

二人の友情は主人の息子と召使の息子という立場も関係なく続いていくのか?

ある出来事をきっかけに離れていくことに、

さらにソ連軍の侵攻でァミールは海外(米)へ亡命

その後アフガニスタンはタリバン政権によって破壊されていき

ハッサンはタリバンに殺害されたという。

大人に成長したァミールが故郷に戻ってハッサンの息子を救うことで

一度は失った友情を再び取り戻していく

「君のためなら千回でも」という邦題にちょっと違和感を感じながら見ていたのですが

最初の凧揚げ大会のシーンではハッサンがァミールに「君のためなら千回でも」と言い

最後のクライマックスで大人のァミールがハッサンの息子に

「君のためなら千回でも」と同じ言葉を言う。

見終えた後では納得の邦題です。

それと映画の中でァミールの父親が言う道徳的な言葉が印象的でした。

特に印象に残っているのは

「問題があれば早く解決しておきなさい、時間の経過は問題を悪化させる」

★★★☆

 

■ツリー・オブ・ライフ 2011年米

いきなり「ヨブ記」とか出てきて

生き方は二つある「世俗に生きるか」「神にゆだねるか」

かなり宗教的な映画のようで

突然、地球創世記のようなイメージ映像や恐竜が出てきたり

わけがわかりませんでした。

★のつけようがありません。

 

■ハングオーバー 2009年米

TVで紹介されていたコメディー映画「ハングオーバー」をみてみました。

結婚前に行う独身最後のパーティーのことをバチュラパーティーっていうらしい

ハングオーバーっていうのは二日酔いっていう意味

アメリカっぽいバカバカしい映画、笑いのツボはちょっと日本人とは違うみたいですが

コメディーとしての出来はそれなりの出来、続編もあるようです。

★★★

 

 

  Filed under:DVD /  Comments (0)

MOJOさん

先週末のMOJO SAM拾得ライブには久しぶりに誰も誘わずひとりで行ってきました。

といってもお店ではいつもの顔、懐かしい顔、からんでくる奴・・・・・

いつも通りみんなと一緒に飲んで楽しませていただきました。

なので今回はいつもよりじっくりときかせてもらいましたよ。

いつも通り、おしゃべり交えながらスタート

いつも通り、おもろいところは面白く、しつこいところはしつこく

こけるところはこけ、決めるところは決め、それぞれの見せ場もあり

いつも通り腰をふって終わりました。

 

その中で出来の良かった何曲かのひとつ「TAXI」

元ソウルチルドレン、J・ブラックフットの代表曲、泣きのバラードです。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=KGpv2Erf79Q[/youtube]

この曲はいつも演奏前のドラゴン氏のじゃべりが良いのですが、

今回のしゃべりで昨年末のJ・ブラックフットの訃報を知りました。

ライブ後「オレもこんな曲歌えるようになったんや」ってドラゴン氏

またこの曲の時の山さんのギターが特別良い音出してるんです。

買ったばかりのフェンダーテレキャスターが良いのか

いやいや山さんのメンフィスサウンドバリバリのセンスが良いんだと思います。

 

そんな二人のアコースティックユニットが「MOJOさん」

来月初ライブがあるとのこと4月28日スローハンド

「MOJO SAM」の次回拾得ライブは7月28日だそうです。→ こちら

 

 

  Filed under:音楽 /  Comments (0)

昨日の朝、今年はじめてまだたどたどしい鶯の声をききました。

庭の植物は芽吹きだし、気が付けば空き地に土筆もたくさん出ています。

今日は終日荒れ模様になるとの予報の割には春らしい静かな雨になりました。

遠くの山は雨にかすんでまるで横山大観の日本画をみているようです。

横山大観の日本画作品所蔵で有名な島根県安来市の足立美術館の名園も

美しい雨の情景になっているだろうと思います。

足立美術館が所蔵する横山大観のコレクションの中に「浅春」という作品があります。

昨年はこの作品で新商品を作らせていただきました。

今の季節まさにこの「浅春」です。

少しだけ葉が残り、昨秋つけた実が少しだけ残った庭木。

その下には茶色い松葉が少し散っていて、傍に一羽の鶯が描かれた「浅春」

全体に暗い絵なのに春の明るい気配がどことなくただようやさしい作品です。

是非、現地で実物をご鑑賞ください。

足立美術館のホームページは → こちら

「暑さ寒さも彼岸まで」の慣用句の通り

春分の日を過ぎてからの昨日、今日は良い天候が続いています。

風はまだ冷たいもののちょっと出かけてみようかなというお日様の明るさです。

今日は特に暖かく花粉症の人には気の毒なほど花粉もたくさん飛んでいるようです。

 

京都文化博物館で開催中の「北斎展」

今日、明日、明後日、明々後日の残り四日間、ラストスパート

多くの方にご来場いただいています。

 

この展覧会は

来月、4月14日~東京日本橋の

三井記念美術館に巡回いたします。


※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社