R&Bおばちゃんエタ・ジェイムスが先週20日に亡くなりました。 → ニュース

エタ・ジェイムスは60年代~70年代にかけてシカゴのチェス・レコードの黄金時代から

同社が倒産するまで支え続けた大歌手です。

このあたりのことは映画「キャデラック・レコード」(2008年)でビヨンセが演じていました。

 

十代の頃ほとんどロックしか聴いたことがなかったボクが、この分野で進歩的な友人から

すすめられてはじめて聴いたR&B歌手がエタ・ジェイムス

バンドではじめてコピー・演奏したR&Bの曲が「I’d Rather Go Blind」

名曲です。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=nH57e-KU_Ug[/youtube]

これは映画キャデラックレコードでのビヨンセバージョン

こっちも良いです! ↓

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=N0H-Ed1ddFc[/youtube]

 

 

  Filed under:音楽 /  Comments (0)

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社