天使突抜

「堀川中立売」とか「天使突抜六丁目」とか

京都の地名をタイトルにした映画があります。

地元京都の地名の映画なので気にはなっていましたが

ちょっとついていけない予感がしてどちらも見ていません。

先週13日まで上映していた京都地名シリーズ第2弾の「天使突抜六丁目」は

麿赤兒とか気になる役者さんも出ていたのでかなり悩んだんですが結局止めておきました。

 

堀川中立売(ほりかわなかだちうり)は会社の近所でもありよく知った場所なので

映画ではどんな映像になっているのかちょっと見たかったな。

 

天使突抜(てんしつきぬけ)という変わった地名は古くからの正式な町名だそうで

場所も五条通りを挟んで中筋通りという普段なじみのない場所なので

まったく知りませんでした。

「突抜」というのは、近くにある五條天神宮の鎮守の森に道を造ったことにから、

五條天神(天使の宮)の境内を突き抜けて造られた道ということに由来するのだそうです。

 

今日の午後、たまたま五条堀川近くの事務所へ打ち合わせで行ったので

中筋通りを通ってみました。

南行き一方通行の中筋通り、五条通をはさんで北が一丁目と二丁目、

通ってはいませんが、南がたぶん三丁目と四丁目

なので映画のタイトルにある六丁目というのは実際にはないのです。

映画でも実際にない六丁目に迷い込むという設定だったようです。

 

町名が変わっていること以外はよくある普通の京都の町です。

 

京都地名シリーズ第三弾はあるのかな。

 

  Filed under:日々雑感,映画 /  Comments (0)

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社