先日2011年の映画興行収入ランキングが発表されました。

ヒット作が多く記録を更新した2010年とは打って変わって全体に低調な結果。

震災の影響がかなりあったようです。

2011日本映画ランキング → こちら

2011洋画映画ランキング → こちら

どれも見ていないのでわかりません、「英国王のスピーチ」は先日DVDで見ましたが

なんかピンと来なかったです。

 

ボクも震災以降なかなか映画を見る気分になれず昨年映画館では結局7本しか見ていません。

残念ながらすべてランキングには入ってないのですが

ちなみにボクの昨年ベスト1は年末に見た「ナニワ・サリバンショー」

たった7本なので失敗はまったくなく、

他に良かったのは洋画「白いリボン」日本映画「冷たい熱帯魚」

どちらもほぼ一年前震災前に見た映画なのでずいぶんと昔のような気がします。

 

さて、角川映画が力を入れている「源氏物語~千年の謎~」さすがに長く上映しています。

興行成績はどうなのでしょうか。2012年の邦画上位に入るか。

源氏物語衣装デザインモチーフの商品オンラインショップで販売中 → こちら

 

ちなみに2010年ランキングは → こちら

  Filed under:映画 /  Comments (0)

家具を買うところ

昨日に続いて・・・・・

ムック本「IKEA&ニトリ」を買ったからではないのですが、

昨日ニトリに買い物に行ってきました。

 

春を迎える時期の生活の変わり目や生活環境の変わる時に家具を買うことがあります。

自分自身を振り返ると

ひとり暮らしをはじめた学生時代の下宿

社会人になって引っ越した京都市内のワンルームマンション

結婚して引っ越したちょっと広い郊外のハイツ

京都市内の一戸建てに引越し

郊外のちょっと広い庭のある一戸建てに引越し

家族が増える・・・・・

その都度何か買っていったと思います。

 

今振り返ると買うところもその時代時代で様々、変わっていきました。

昔、京都でまとめて家具を買うとなると夷川通りか枚方家具団地まで遠出するか

それ以外でも大型の家具専門店とか輸入家具の専門店とか

昨日のブログでも書きましたが百貨店で家具を買っていたなんて今では信じられません。

インテリアの主役である家具は結構高いものだというのが当たり前の時代で

収納家具は別物としてホームセンター系のところで買っていました。

ホームセンター系で少しこだわったものが欲しいときは東急ハンズ。

アクタスなど雑貨も豊富な店で買っていた時期もありました。

一時、中古家具に凝ってテーブルやチェストや椅子を丸太町通りにある

ブルーパロットで何度か買いました。

和室は昔福井のマルイチセーリングの座スタイルの和モダン風家具を扱っていた関係で

漆風シンプルモダンな家具で揃えました。

だいたいいつでもシンプルでナチュラルなものが好きなので

まとめて揃えなければいけないときなどは無印良品が役にたちました。

また、同じようなイメージで品質にこだわらなければ千趣会などの

通販でもそれなりの家具は買えるようにもなり、

その頃からインテリア主役の家具と収納家具、生活雑貨などの垣根もなくなり

ついに、ちょっとダサいけれど全てが格安で揃うニトリのような大型店が誕生しました。

IKEAではさらにデザイン性もプラスされています。

 

従来からの家具店は高くてもこだわった商品中心に販売していくしかないようです。

 

  Filed under:日々雑感 /  Comments (0)

家具

すっかり格安家具の代表となって知名度のあるニトリ

ちょっと高いけれどシンプルでセンスの良い家具が欲しい場合は無印良品

格安でもおしゃれでセンスの良いのがIKEA

 

北欧ブームでますます人気が高まっているIKEAですが、実はまだ行ったことがありません。

神戸と大阪、もう少し近ければいいのですが・・・・・

 

昔、北欧家具が結構好きでした。

今から30年ほど前、家具をまだ百貨店で買っていた頃

シンプルモダンでナチュラルなNOVAの家具で食器棚などを揃えました。

自分で組み立てる家具だったのに結構高かったと思います。

20数年前、引越しのときにNOVAの同じシリーズを少し買い足すのに

百貨店に依頼しカタログで取り寄せてもらいました。

確か2年ほど前に倒産した村田合同という会社が輸入していたのですが、

今はどうすれば買えるのでしょうか。

 

ソファーは同じくスウェーデンの「イノベーター」

下鴨本通北大路下った東側にあったイノベーターの家具ばかり置いていた店で

20数年前に買ったのをずっと使っています。

随分くたびれてきました。

 

話をIKEAに戻して

IKEAは2006年に千葉に一号店がオープン、大きな話題になり大成功

その後横浜、神戸、大阪、埼玉、仙台とオープン、今度は福岡にも出来るらしいです。

 

でも実は2度目の日本再上陸なんです。

1度目の日本上陸時も千葉と神戸に店舗が有り卸もしていたそうです。

それで

昔、住んでいた近所の家具屋さんの主人の趣味なのか結構IKEAを扱っていました。

デザインが良くて色もカラフル、でもその時は結構高かったと記憶しています。

IKEAが1986年に撤退した後、その店もイメージチェンジして寝具屋さんになりました。

これは、その時の在庫処分で買ったIKEAの白と赤の椅子、

今は使っていませんが子ども部屋用に買いました。

可愛いけれどすわり心地はXでした。

こんなムック本が出ていたので買いました。

IKEA&ニトリ&無印良品の徹底比較本です。

買い物の参考にします。

 

R&Bおばちゃんエタ・ジェイムスが先週20日に亡くなりました。 → ニュース

エタ・ジェイムスは60年代~70年代にかけてシカゴのチェス・レコードの黄金時代から

同社が倒産するまで支え続けた大歌手です。

このあたりのことは映画「キャデラック・レコード」(2008年)でビヨンセが演じていました。

 

十代の頃ほとんどロックしか聴いたことがなかったボクが、この分野で進歩的な友人から

すすめられてはじめて聴いたR&B歌手がエタ・ジェイムス

バンドではじめてコピー・演奏したR&Bの曲が「I’d Rather Go Blind」

名曲です。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=nH57e-KU_Ug[/youtube]

これは映画キャデラックレコードでのビヨンセバージョン

こっちも良いです! ↓

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=N0H-Ed1ddFc[/youtube]

 

 

  Filed under:音楽 /  Comments (0)

百段雛まつり展

今日、1月27日(金)から目黒雅叙園で「百段雛まつり展」が開催されます。

目黒雅叙園では毎年この時期「雛祭り展」を開催しています。

今年は嵯峨人形、賀茂人形、御所人形、伏見人形など

京都の「さがの人形の家」から江戸に上がり

「京に生まれた雛文化、百段階段を登る」と題して開催されます。

この展覧会は3月4日(日)まで

詳細は → こちら

  Filed under:展覧会 /  Comments (0)

京都市上京区 堀川通り一条戻り橋にある清明神社

小説や漫画でブームとなり、最近のパワースポットブームの効果もあるのか

小さいけれどなかなか人気の神社です。

ブーム以降整備され、見違えるような綺麗さになり若い観光客も多く参拝しています。

 

南隣にはお土産屋さんもあり修学旅行生などで賑わっていることがあります。

 

ところが神社とこのお土産店がもめているようです。

 

昨日の京都新聞 → こちら

 

我が社でも神社、寺院に関係したお仕事をさせていただくことがあり

正式グッズとして授与品売り場での商品もあれば

関連商品として周辺のショップからの依頼もあります。

そんな関係で非常に気になる記事でした。

 

昨年秋からは清明神社にこんな案内板が設置されているそうです。

 ↓ 

清明神社より大切なお知らせ

寒いですが

冬型の気圧配置が続いています。

一昨日から「いつ降るのか、いつ降るのか」と警戒しているのですが

昨日の朝も今朝も雪は降らなく空気も乾燥しているのか車の窓もまったく凍り付いていません。

去年は雪が結構多かったのですが、

今年の寒波は今のところ関東と北部に雪を降らせているようです。

 

こんな寒い毎日ですが仕事は春夏物の仕事に追われています。

 

アパレルは今まさに春夏物の生産と原反商戦がスタート。

 

雑貨は来月2月8日~のギフトショーに向けて春夏商品の見本作り

ギフトショーが終われば春夏商品の量産に入っていきます。

今年の春夏も節電・エコの流れは続いています。

 

ミュージアムグッズでも初春から夏にかけて催される展覧会には

扇子やネッククーラーといったひんやり冷感商品を間に合わせるべく製作中です。

  Filed under:ウイルビー仕事 /  Comments (0)

昨日、京都会館でニッセイ新春セミナーがあり

サッカー日本代表チーム前監督 岡田武史氏の講演会に行ってきました。

 

何度も挑戦を繰り返し、

今また55歳にして中国のプロサッカーチーム杭州緑城の監督に就任し

新たな挑戦をしようとしています。

 

講演テーマも「チャレンジ!」

気合を注入されました。

 

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

学生時代の同級生で、東京で活躍中のイラストレーター「オサラ」ことおさだのび子

 

今年いただいた年賀状に「昨年秋楽しい工作BOOKを出した」

とのお知らせがあったのでさっそく購入。

ナツメ社から出ている子供向け教育本で

「楽しい!どんぐりまつぼっくり落ち葉の工作BOOK」

想像していた以上にもりだくさんの内容、

インテリア、アクセサリー、ステーショナリーなどのアートなクラフト作品から

ゲーム、パズルなどの遊びグッズ、木の実の楽器、おもちゃ

お菓子などクッキングまで・・・・・よくここまで考えたなぁと驚きです。

 

この本の 詳細は → こちら

F1アンケートから

繊研新聞の特集で「F1アンケート結果から」という記事が

1月16日から一週間通して掲載されました。

「F1」というのはモータースポーツのフォーミュラ1ではありません。

F1層=20~34歳の女性です。

ちなみに男性はM、子供はCであらわされます。

 

ユニクロ

生活スタイル変化の駆け込み寺

ユニクロな人はおしゃれへの関心は普通で、シンプル・ベーシックなスタイルが好み

値頃、利便さで選び、結婚・出産などを機に利用度が上がる

また、年齢を重ねた体形の変化にも対応できる豊富なサイズ

という生活感あふれるブランドがユニクロ

 

ザラ

おしゃれ好きの基本服

学生から主婦、キャリアまで満遍なく支持

値頃、品質、トレンドのバランスの良さ

ザラをよく買う人はファッションに関心が高い人が多く

他のファストファッションやセレクトショップからしまむらまで

価格やブランド名へのこだわりは薄いが小物雑貨は海外の著名ブランド物を購入

雑貨は良いものを長く、服はトレンドものを値頃にという傾向。

 

ユナイテッドアローズ

話の通じるおしゃれ

「気に入れば金額は関係ない」

比較的安定な生活を出来る層にとっての着るべきブランド(ショップ)

上質、ベーシックに価値観をおいていてトレンド感はない

ブランド物で目立つより、さりげなく、程よく、いつもきちんとしている

生活余裕のおしゃれな人

 

無印良品

ナチュラル好きなママの味方

育児、ガーデニング、裁縫を好むナチュラルなライフスタイルを好む30代のママ層から支持

よく読む雑誌は「リンネル」「天然生活」「装苑」

彫金、楽器演奏、創作活動にも関心が高く我が道を行く「文科系女子」

お金は好きなことにつぎ込み服は美意識に反さなければ安くても

古着でも構わない。自分らしい生き方にこだわる人

 

ローリーズファーム・アースミュージック&エコロジー

低予算派の頼れる存在

大学生から支持、ユニクロやファストファッションよりは高めのブランドを好む。

ファッションにそこまでお金はかけられないがトレンド感を表現できる存在

セールに対しての不信感と期待感があり欲しい物をより安く買いたい考え方が強い層

 

23区・ロペ

百貨店で買う大人服の代表

ともに30歳前後から支持

23区はコンサバティブ、美容、旅行、レジャーに優先支出

高くても品質の良い、年相応にちゃんとしたものを着ようと務めている。

震災後の価値観の変化や生活へのまじめな考え方を持っている

一方同じ百貨店ブランドのロペを好む人は

ファッション感度が高く個性的な人、支出の1位は交際費で社交的な人が多い。

 

なかなか各ブランドの特徴がよく出たアンケート結果だと思いました。

 

 

  Filed under:日々雑感 /  Comments (0)

※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社