年末年始用ににDVDを大量レンタル

さっそく2本DVD鑑賞で年越し

 

■スラムドッグ$ミリオネア 2008年イギリス

インド人が主役の映画へのなんとなく持っているアレルギーでちょっと敬遠していたこの映画

レンタル特価の期間はほぼ常時貸出し中の状態なのでやっぱり人気があるのかと

遅ればせながら機会があれば見たいと思い直していたところ

ブルーレイがたまたまあったので借りました。

スラムの汚さ、濃い顔のインド人の多さにうんざりしているうちにストーリーに引き込まれ

さすがアカデミー賞を取っただけのことはあるなかなかの内容でした。

でも最後はやっぱり踊るんですね。

★★★☆

 

■プリシラ 1994年オーストラリア

なんとなく面白そうだと借りました。

公開当時結構話題になっていたらしいこの映画

僕は知らなかった映画ですが大当たり!

そういえは・・・・・

まだ「オネエ」という言葉が今のように定着していたかったこの当時

ドラッグクイーン(女装のゲイ)が一時ブームになってよくメディアなどで

見たことを思い出しながら見ました。

三人のオカマが砂漠の真中で行うショーに出るためプリシラ号で砂漠を旅するという

なんとなく「リトル・ミス・サンシャイン」に近い感じもあるロードムービーです。

とにかく衣装が派手で面白い! ★★★★

 

今年は、3.11以降なかなかゆっくり映画も見る気になれず

見た映画も借りたDVDもいつもよりも少ない年でした。

  Filed under:映画 /  Comments (0)

正月に読む本を何冊か買おうかと、

参考にするのが毎年この時期に本屋に並ぶ「このミステリーがすごい!」の順位です。

そこで

海外部門第2位のフェルディナント・フォン・シーラッハというドイツの弁護士さんが書いた「犯罪」

結構評価高かったのでさっそく購入。

フェルディナント~っていったい誰?今まで聞いた事のない人でしたが

ちょっと読み始めると今まで読んだことのないようなタイプの短篇集だったので

新鮮で、犯罪調書のような書き方で読みやすくすぐに読んでしまいました。

それもそのはずこの方は高名な刑事事件弁護士、

現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人たちの哀しさ、愛おしさを

鮮やかに書き上げた珠玉の短篇集というわけです。

また何か正月用を買わなければなりません。

 

正月移動時用に買ったコミック「テルマエ・ロマエⅣ」も読んでしまいそう・・・

 

快晴の比良山

クリスマス寒波からずっとすっきりしない天気でしたが

今日は久しぶりの快晴、大掃除日和です。

  Filed under:自宅・近所・庭 /  Comments (0)

胃カメラ初体験

いよいよ今年も残すところ今日を含めてあと四日、それにしても寒い年の瀬になりました。

北部はまだ雪のところもあるようですが、寒波の峠はこえたようです。

年末年始、昨年は大雪でしたが、今年はお出掛けOKの天候になりそうです。

 

さて、突然ですが

胃カメラの経験がある人ってどれくらいいるのでしょうか?

 

今年10月に新しくオープンしたクリニックのキャンペーンで最新機器を用いた人間ドッグが特別価格で受けられるというので忙しい年末ではありましたが行ってきました。

胃カメラ初体験です。

今まで毎年受けていた病院とは比べものにならないほどの高級感あふれる空間でスタッフも上品この上なくリラックス出来るBGMも流れています。

おもてなしの心にあふれた綺麗な受付で案内され更衣室へ、よくある水色の作務衣タイプの診察着ではなくスウェットの上下、スリッパもナイキのマークが入っています。

休憩ラウンジでしばし待っているうちに名前を呼ばれいよいよ健診スタートです。

普通は多くの受診者を空いているところからどんどん捌いていくようなせわしない健康診断ですが、今日がたまたま空いていただけなのか、ここの時間の割り振りが

上手いのかはわかりませんが、僕以外には誰も見当たらず貸切状態、気楽な今までのところとはどうも勝手が違うと戸惑いながら血圧~採血~身長体重測定と

進んでいき視力検査へ、手元のスイッチで上下左右とわからない場合に押すスイッチがあり、今までのように「右かな~」とか「下じゃないですよね~」とかいう

中途半端な回答が出来ないようになっています。

次の聴力検査も最新機器だからかものすごく微妙な空耳に近い音の変化もあり自信なくスイッチを押していくしかありません。

眼圧・眼底カメラ~心電図~肺機能検査~腹部エコー~内科診察~と進んでいき胸部X線、ここで今日はじめての男性のスタッフの「大~きく~息を~吸う~て~」という

オペラ歌手のような声に吹き出しそうになるのをこらえて次は初体験の胸部CTへ、これはどうってことはなく物珍しい機器を見ているうちに終了。

最後にいよいよ胃カメラです。ドキドキしながらもここまで来たら腹をくくるしかないし、バリウムよりも後は楽だからと自分に言い聞かせ診察室へ

カーテンで仕切られたリクライニングシートのあるところへ案内され明るく優しそうな看護婦さんに「初めてですか~」って尋ねられすなおに「はい」と

最初に胃の壁をきれいにするというポカリスエットのようなものを飲まされ、次に鼻の穴を大きくする為といって霧のようなものを鼻の中へ吹き込まれます。

実は事前に口からよりも鼻からのほうがチューブも細く楽だからと聞いていたので鼻を選択しました。

次に鼻から麻酔の液体を入れられそれが喉の奥へも垂れてきてなんか気持ち悪いなぁと思っていると「どちらの鼻が通りやすいか見てみます」と器具を差し込まれます。

「どっちが通りやすいですか~」って聞かれても「どちらも痛いです~」としか答えられず、この楽なソファーでこの人ならばちょっと我慢できるかな~と

「出来るだけ痛くないようにして下さい」とお願いしていると、「それじゃこちらの部屋へ」と物々しい機器の揃った診察室へ移動するとクールな年配の

女性の先生が待っていました。ベッドに横になり一番我慢できる姿勢はこれしかないというポーズになりいよいよ管が右の鼻の穴に挿入されます。

「あたりますね~」と言われるたびに鼻の奥に痛みが響きます。「あまりに痛いようなら口に切り替えますから」って、ここまで我慢したんだから

なんとかうまく入れてくださいと祈りながら何度か繰り返すうちにようやく「今通りました」と、ホッとしていると今度は喉を通過、ここはそれほどの違和感もなく

「今、食堂を通っています」「今から胃に入っていきます」モニターを見ながら先生と会話も出来るというのが鼻胃カメラの利点らしいのですが僕はひたすら目をつぶり

終わってくれるのを待っています。目からは涙が、背中からは汗がふきだし、ず~っと背中をさすってくれている看護婦さんが天使のように思えました。

先生が「ちょっと見てください」と言うのでおそるおそる目を開けモニターをみると想像していた以上にピンク色の綺麗な胃で一安心。

これでちょっとデラックスな健康診断は終了。

結果は約三週間後とのことですが、いつも結果が届くまで少し不安なのですが、今回はモニターで先生も太鼓判の綺麗な胃の壁の映像を見ているのでちょっと安心です。

 

バリウム、胃カメラ、来年はどうしようか迷っています。

 

どちらもそれぞれメリット、デメリットがあるそうなので交互に受けるのが良いという意見もあります。

 

  Filed under:日々雑感 /  Comments (2)

新海誠X大成建設

先日新聞でトルコの特集記事がありました。

 

東西交通の拠点として発展してきたトルコは今再び

中東地域の盟主として国際社会における重要度が増しるようです。

 

大成建設はイスタンブーを東西に分断するボスポラス海峡で

海底トンネル建設プロジェクトを手掛けていると紹介されていました。

 

そのCMを昨日のブログで紹介した新海誠が制作

これもテーマはやっぱり「距離と時間」

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=CXKuMPJNAYQ[/youtube]

 

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

家族にすすめられて見た新海誠の「秒速5センチメートル」

ファンの間ではカリスマ的存在になっているらしいアニメーション作家

デビュー作の「ほしのこえ」以来、一貫して「時間と距離」をテーマに作品を作っています。

それは実際の時間と距離でもあり、心の動き、離れていく気持ち、近づいていく心でもある。

 

この「秒速5センチメートル」は新海誠による2007年公開のアニメーション映画

どうせアニメーションやろ・・・・・と、気乗りせず、期待もせず・・・・・

しかし、これがおどろきのクオリティーの高さ、特に背景がすごい。

新鮮な映像体験でした。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=REIJSOSQWjg&feature=related[/youtube]

内容もちょっとせつなく何度も繰り返し見てしまいました。★★★★

 

 

  Filed under:映画 /  Comments (0)

「クリスマス、何処へ行きマス?何しマス?」って

FMラジオでしつこくDJがしゃべっています。

仕事柄「ミュージアムへ行きマス」って言いたいところ。

 

京都国立近代美術館で開催中の「夢二とともに展」は今日12月25日までです。

 

夏から秋にかけてワシントン・ナショナル・ギャラリー展で盛り上がった後に

舞い込んできたこの展覧会、WNG展には遠く及びませんが

さすが人気の竹久夢二、予想していた以上の来場者数

多くの方にご来場いただき、またグッズをお買い上げいただき有難うございます。

 

来年もさっそく7日から静岡市美術館で夢二の展覧会

「竹久夢二と静岡ゆかりの美術展」が予定されていて

京近美「夢二とともに展」同様に藍染グッズと風呂敷を販売していただく予定です。

 

夢二藍染シリーズ「藍に恋して」はオンラインショップでも販売中です。

こちら → ウイルビーオンラインショップ

Merry X’mas 2011

今夜はクリスマスイブ

ちょっと控えめなイルミネーション、災害の多かった今年、

今までとは違ったクリスマス~新年を迎えなければならない人たちも居る

ということをふと考えてしまいます。

 

pray for japan 2011 Merry X’mas

聖なる夜に祈りをこめて

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=V0sIiDgRbr0[/youtube]

  Filed under:日々雑感,音楽 /  Comments (0)

リアル 11巻

毎年この時期にコミックが発売される超スローペースの井上雄彦「リアル」

買い続けているので今年も購入し、

いつものことですが前回までのあらすじを思い出しながら読みました。

なんかここまでくると惰性かな・・・・・という気もしないでもないです。

 

買ってからもすぐに読まなかったこと、

最初の頃の様に何度も繰り返し読み返す気になれないこと、

等などを考えるとそれほど魅力がなくなってきているのか?

世間は明日から三連休、週末のクリスマスイブとなりました。

この冬一番の寒気もやって来ておりもしかしたら

ホワイトクリスマスの可能性もありそうそうです。

 

三連休明けからはいっきに年越しムードとなりそうです。

 

我が社の年末年始休業の予定が決まりました。

 例年通り12月29日より新年1月3日まで休業とさせていただきます。

展覧会関係のお得意先様では年末年始関係なく展覧会準備などされているところもあり

大変心苦しく、皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願いいたします。

 

新年は4日より出勤いたします。

7日(土)までは年始ご挨拶などで留守がちとなりますが

連休明け10日からは通常業務となります!


※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社