神戸 美術館回り

秋分の日から始まった三連休は爽やかな行楽日和となりました。

 

23日(金)は商品提案と売り込みも兼ねて久しぶりに神戸へ行ってきました。

 

神戸市立博物館では25日まで

「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」が開催されていて

ちょうどこの展覧会も見たかったのです。

画像 149

ショップを訪問した後、ゆっくりと展覧会を見せていただきました。

天空の城ラピュタ、火垂るの墓、時をかける少女~などの背景画。

よく映像で見たものであってもまったく人が描かれていないのがなにか不思議な感じがしました。

取材のノートや写真、スケッチ、イメージボード、家の見取り図なども展示がされており

入念な準備あってこそのこの完成度であることがよくわかります。

入場制限もかかるなどなかなかの人気です。

 

午後からは県立美術館「芸術の館」へ

市博と同じくアニメの関係で「借りぐらしのアリエッティX種田陽平展」が25日まで開催中。

この展覧会は特に見たいというわけではありませんでした。

せっかく来たのでチケット売り場へ行ったのですが、物凄い行列で鑑賞は止め。

画像 147

ショップもレストランもかなりの忙しさ、

お邪魔をしないようにご挨拶だけして早々に引き揚げました。


※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社