藍染木綿

日本の伝統色・藍染はジャパンブルー「日本の色」「日本人の心の色」ともいわれ

その美しさは古くは万葉集にも詠われ、以来、広く庶民の色として親しまれてきました。

藍染は現在、主に染色作家など一部の人たちの手によってのみ

日本古来の染め方が再現されています。

我が社では藍染(インジゴ)を工業染色のステージで復活させ

以前から先染め抜染の技法で商品展開し手芸ホビーの分野で好評を得ています。

ラインナップの一部はこちら → 藍染ファブリック

 

今回は普及版として、木綿に防染による後染めの生地を作りました。

使えば使うほど洗えば洗うほど光沢や風合いがでる河内木綿風の素材をセレクト

藍木綿の伝統的パターンの5柄で展開しています。

 

唐草といえば基本のこの3柄

もっともポピュラーな桐唐草

もっともポピュラーな桐唐草

少し大柄で牡丹唐草

少し大柄で牡丹唐草

バックにドットをいれたパターンの菊唐草

バックにドットをいれたパターンの菊唐草

幾何的なものも必要かなと

結構細かい表現も出来ました 菱にむかい鶴

結構細かい表現も出来ました 菱にむかい鶴

使いやすい小紋調も要ります

たてわく小紋

たてわく小紋

ホームページ藍染ファブリックページも更新いたしました。→ 防染パターン


※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社