来週4月7日に大阪長居スタジアムで行われるセルビア戦の日本代表選手20名が

29日発表されました。→スポーツナビ/サッカー記事

 

FIFAワールドカップオフィシャル商品の今後の販売にも影響をあたえ、

ワールドカップ本番に向けての盛り上がりにも関わるので

何としても良い内容のゲームをしてほしいです。

 

Kick off は、19:20

長居までは行けないので、この夜もスポーツバーへ

お願いしますよ!サムライブルー!

  Filed under:ニュース /  Comments (0)

桜が咲いているこの時期に、ここ数日冷え込むとは思っていたがまさか雪が降るとは・・・

道路に積もった雪は朝日で融けてしまいましたが、庭や屋根には雪が残っていました。

滋賀県近江中西部の今朝はこのとおりです。

自宅の南天に積もった雪

自宅の南天に積もった雪

駅からの風景

駅からの風景

今日の午後からは、仕事で大阪の南部・堺市へ

この辺りはすでに陽春。

雪も年にちらつくのが数えるほどとのこと、同じ近畿でも随分と違います。

  Filed under:自宅・近所・庭 /  Comments (0)

昨日に続いてNHKの朝ドラの話題です。

今日から「ゲゲゲの女房」がスタート。

漫画家・水木しげるさんの妻・武良布枝さんの同名の随筆を原案にした物語です。

 

余談ですが今回主演の松下奈緒は昨日のブログに書いた「ちりとてちん」の

オープニング曲でピアノを演奏してました。

NHKの土曜ドラマ「監査法人」でも存在感のある演技をしてましたね。

 

主人公の武良布枝さんは島根県安来市の生まれで、

原作本には足立美術館のことも紹介されていると聞きさっそく購入。

最初と最後に紹介されていました。

最初には、ご自身の故郷を説明するところで、「足立美術館のある町・・・・・」と紹介。

最後には水木ご夫妻のお気に入り、そろってよく立ち寄られる足立美術館として

庭園の写真付で紹介されています。

ブログ用 030

 

足立美術館は開館40周年。

今秋11月3日には現代日本画を展示する新館もオープンします。

 

「ゲゲゲの女房」は、映画化もされ今夏公開らしい。

 

今年は鬼太郎ロードのある境港から中海をはさんで安来まで、

ますます注目される山陰地方です。

最近はドラマ、漫画などなんでも一気見する人が多いらしい。

普段ドラマも漫画もあまり見ないボクも人から遅れて後で評判の良かったものを

もっぱらTSUTAYAでレンタルしてまとめて楽しみます。それも安くなってから、せこ~い。

待たされることなく連続して見れる(読める)のがいいのです。

最近ボクの知り合いでは大河ドラマ「篤姫」を一気見したという人がいました。

その人は後で一気見するため今年の「龍馬伝」も我慢して見ていないらしい。

 

先日なにかでNHKの2007年秋に放送された朝ドラ「ちりとてちん」が

来週から一週間(6話)づつまとめて再放送されるという話を聞いた。

なかなか評判の良いドラマだったらしい。

その頃は仕事柄草々の着ている和柄のシャツや家紋なんかに興味があった位で

ドラマの内容は知らなかった。

復活サイトは→「ちりとてちん再放送」

また、たまたまその話を会社のN君にしていたらその当時出張先で毎朝見る機会があり

めちゃめちゃ涙腺を刺激しまくりのドラマだとのこと。

これは見たい!来週からというのを待ちきれずDVD4枚(8週分)借りました。

今日は朝から腹をきめて何処にも出かけず一気見!

1話15分・1週6話90分・8週720分=12時間

b004550c00ec0a5296f09c3d59c5f898

きました!きました!泣ける!泣ける!

久しぶりの大泣き、この人情エンターテイメント!底抜けに~、良すぎます!

途中家族も全員出かけたので気にせず

一人っきりで思う存分、涙腺の緩むにまかせ号泣となりました。

 

これでもまだ3分の一、あとDVD9枚分1620分(27時間)

しばらくティッシュ片手に夜更かしが続きそうです。

これ見ただけで泣けてきます→ちりとてちんメモリアル

  Filed under:テレビ /  Comments (0)

左京区修学院にある美容院 ラ・ヴィ・サンプルは30年近くお世話になっている美容院です。

この店のオーナーでもある柴田先生は話題も豊富で、いろいろ影響を受けることも多いです。

 

学生時代の同級生がバイトをしていた関係で通うようになりました。(当時は寺町今出川)

といっても学生時代は年に一回程度で、定期的に通うようになったのは

社会人になってからで本当に長い付き合いです。

 

その間ボク自身は、卒業、就職、結婚、引越し、転職・・・・・いろいろあり、

途中一時期は空きましたが、今はいつも柴田先生にお任せで仕上げていただいています。

 

店もこの30年の間に何度か様変わりはしていますが、

今は先生の趣味でスタッフは全員私服、インテリアもおしゃれなカフェ風になって

ゆっくりとくつろげる空間を演出しています。

ブログ用 070

  Filed under:お店 /  Comments (0)

京都現代美術研究所主催による「第49回新作家集団展」が

京都市美術館で開催中です。

3月23日(火)~28日(日)まで

午前9時~午後4時30分(最終日は4時まで)

*入場無料です。

 

現代美術というとなかなか難しいのですが、ウイルビーの社員のIさんがこの団体の作家で

年2回いつも作品を発表しています。

その関係でいつも見に行かせて頂くんですが、とにかく長く続けられていることがスゴイです。

ボクなんかとっくの昔に描かなくなったのに。

心風のゆくえ

心風のゆくえ

 

今週末は天候もよさようですので気軽に出かけてみてはいかがでしょうか。

例年この時期、桜の開花には早いんですが、

岡崎近辺、今年は桜もちょうどそこそこ咲いていることと思います。

  Filed under:アート /  Comments (0)

美術館「えき」KYOTOで開催中のアール・ヌーヴォーのポスター展を観に行ってきました。

イギリスから始まった産業革命が各国に浸透した19世紀末はグラフィックポスターの黄金時代。

クリムト、ミュシャ、ロートレックなどお馴染みの巨匠達の作品を中心に

ベル・エポック(良き時代)の華やかな都市文化、大衆文化を感じることのできる

なかなか良い展覧会です。今度の日曜日28日で終了。

 

「フロンメのカレンダー」コロマン・モーザー

「フロンメのカレンダー」コロマン・モーザー

この展覧会には仕事では関わっていなかったのですが、

オリジナルグッズの制作に携わった知り合いから招待券をいただき観させていただきました。

今回のオリジナルグッズ開発には特別な企画があり、

「日本デザインコミッティーメンバーによる展覧会オリジナルグッズ」という企画で

「グッドデザインへの情熱」と題して著名な日本のデザイナーが今回の展示作品をみて

それぞれにグッズ開発をするというもの。

佐藤晃一(レトロはがき、缶バッジ、掛け軸)

佐藤 卓(クリアファイル、小箱)

松永 真(Tシャツ、トートバッグ、風呂敷、ハンカチ、マグカップ)

永井一正(カシミア混ウールスカーフ)

大先生たちの企画、少量生産・・・・・当然価格は高めの設定。

制作にあたっては、それぞれ先生方のこだわりもあり大変ご苦労されたとのこと。

販売結果はいかに?すごく興味のあるところですが・・・・・

「今回は本当に関わらなくてよかったですよ!」ってしみじみと・・・・・

仕事はぬきにしても、ボクの好きなテーマでもありちょっとは関わりたかったなぁ・・・

 

自宅の2階廊下の壁にもコロマン・モーザーのポスターを飾っています。

ブログ用 067

  Filed under:アート /  Comments (0)

今日から大阪心斎橋の大丸ミュージアムで没後80年金子みすゞ展が開催されます。

2部構成になっていて

1部は仙崎や下関など故郷の資料や写真、遺稿の手帳など。

2部は自筆の詩のパネルと金子みすゞを愛する多くの著名人のメッセージ、

好きな詩をテーマに制作した著名人の書画、イラストなど。

 

この展覧会は4月5日まで

その後、今秋に名古屋松坂屋

来年2月に三越日本橋店、3月に大丸ミュージアム京都、5月に横浜そごう、他に巡回。

 

山口県長門市には記念館もあります。

  Filed under:アート /  Comments (0)

昨年の1月に買った雑誌映画芸術2009年冬号。

2008年度公開の日本映画ベストテン&ワーストテンを選ぶ特集で

アカデミー外国映画賞をとった「おくりびと」をワースト1に選んだことで話題になった。

その本で特集していて気なっていた作品「愛のむきだし」

鬼才・園子温監督の奇想天外な純愛ラブストーリーエンターテイメントやりたいほうだい作品。

2009年1月公開で京都では京都みなみ会館での昨年3月上映だった。

なんと時間が4時間、料金が確か当日券2500円。

京都シネマでも年末年始にスタッフコレクションとして上映されていた。

東京での再上映でもすでにDVDが出ているのにも関わらず立見が出ていたと聞いている。

立見で4時間はつらいなぁ~

 

映画館では見ることが出来ず、レンタルも上下2本4時間となるとなかなか見る機会なく

この休日に気合を入れて一気に見ました。

090131ai-muki-240x160

圧倒されました!

強烈な印象の豪快な傑作、まさに衝撃、怒涛の237分です。

家族、信仰、懺悔、罪、盗撮、性、幼児虐待、暴力、新興宗教、洗脳、変態ワールド、純愛・・・・・

むきだしの作品、圧巻です。☆☆☆☆☆

映画館で観たかった。

  Filed under:映画 /  Comments (0)

黄砂は通り過ぎ、昨日とは一転好天の振り替え休日です。

取引のある佐川美術館へ久しぶりの訪問。

平山郁夫追悼展~平和の祈り~を8月まで開催中です。

4月24日(土)からは竹久夢二~憧れの欧米への旅~という展覧会を6月13日まで開催。

佐川美術館の帰り湖岸道路から琵琶湖大橋と比良山

佐川美術館の帰り湖岸道路から琵琶湖大橋と比良山

佐川美術館から帰ってから見つけた自宅庭の隅っこに咲いたムスカリ。ブログ用 064

トサミズキの薄黄色の花も咲きました。ブログ用 061


※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社