京都のお隣、お取引先もあり我が社にとっては地元と言っても良い滋賀県(僕個人はモロ地元ですが・・・)

琵琶湖は知ってるけど滋賀県ってほとんど知らないというレヴェルの認知度だと思いますが

最近は自転車で琵琶湖一周するビワイチやアニメとのコラボなどで若い人中心に随分と知られるようになってきました。

有り難い事です!

 

で、Otsu Festivalとは?

以下、ホームページより引用

国内外、多彩なジャンルのアーティストたちが、
大津を旅し、大津を体感した感覚と身体で
びわ湖をはじめとする大津の自然、
歴史、文化、食などを自身の作品として表現。
それらの作品を通じて、これまでにない大津の姿を発信していく
ArtとTripが融合したプロジェクト。
それが、Otsu Festival。

 

あのアーチストや漫画家も参加してくれて大津の魅力を発信してくれています。

→ こちら

  Filed under:旅・観光 /  Comments (0)

島根県安来市の足立美術館の庭園が米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」が実施した2017年の日本庭園ランキングで1位に選ばれたと発表しました。

03年のランキング開始以降、15年連続の選出です。

ちょうど今の時期は素晴らしい雪景色が見れると思います。

→ こちら

毎年恒例、信州須坂市の田中本家博物館で今日2月9日からひな祭り展が開催されます。

特別企画「こどもと祝う田中本家の節句人形と祝着」

会期は4月2日まで → こちら

  Filed under:展覧会,旅・観光 /  Comments (0)

鹿児島では桜

今日から2月

NHK大河ドラマ「西郷どん」で盛り上がる鹿児島ではもう桜が咲き始めているそうです。

さすがの南国鹿児島でも先月の最強寒波ではマイナスを記録したそうですが、桜の開花は進んでいますと名勝仙巌園の先週のフェイスブックで投稿されていました。

例年見頃は2月中旬との事、やっぱり早いですね。

名勝仙巌園の公式サイトは → こちら

仙巌園では今年はドラマのロケも見れるかもわかりませんねぇ。

 

  Filed under:旅・観光 /  Comments (0)

北斎の富士

昨年は、大きな展覧会が行なわれ盛り上がった北斎

その主役ともなっていた信州小布施の北斎館で今週末1月26日から特別展「究極の富士図富嶽百景の世界展」が行なわれます。

冬の信州で北斎がライフワークとして描いた富士山の集大成である『冨嶽百景』を鑑賞するのも良いのではないでしょうか。

詳細は → こちら

  Filed under:展覧会,旅・観光 /  Comments (0)

島津斉彬展

西郷隆盛に大きな影響を与えたとされる28代島津斉彬は今でも多くのファンがいる幕末の名君です。

先週から始まった大河ドラマ「西郷どん」では、渡辺謙さんが演じており、さっそく登場、存在感がありましたね。

鹿児島仙巌園に隣接する尚古集成館 別館では、現在「島津斉彬展」を開催中です!!

会期は来月1日まで → こちら

 

さて、今晩は「西郷どん」二回目の放送です。

維新150年

今年は維新150年ということで昨年末からテレビや雑誌で特集をみるようになりました。

うん?横山大観も生誕150年

生まれた年まで気にしてなかったのですが、大観は明治元年生まれだったんですね。

 

さて大河ドラマの「西郷どん」もスタート

いろいろと九州・鹿児島が盛り上がりそうな予感と期待

 

昔からお世話になっている尚古集成館 → こちら

 

薩摩勲章ストラップを作らせていただいている薩摩伝承館 → こちら

  Filed under:テレビ,旅・観光 /  Comments (0)

昨夜から始まったNHK大河ドラマ「西郷どん」

ドラマの最後に薩摩藩の郷中(ごちゅう)教育の基本の精神となったといわれる島津中興の祖、島津日新公の「いろは歌」が少し紹介されました。

26733781_1558498550931036_5630352332543794704_nこの手ぬぐいは以前作らせていただいたもので鹿児島県仙巌園の中にある鶴嶺神社の参拝記念の手ぬぐいです。

鶴嶺神社は島津家の先祖を祀る為に創祀された神社で「つるがねじんじゃ」と読みます。

この歌は、いろは歌全47首の最初の「い」で意味は昔の偉い人の話を聞いたり話したりしても行動しないとダメって事です。

青衣あをごろも京都店はじめてのお正月

25660360_1464536610342343_5783511583989096636_n

今日12月30日~1月4日はお休みですが
元旦だけは福袋用意して営業ですよ!

青衣京都店は平安神宮や八坂神社にも近いので初詣のお帰りに是非お立ち寄り下さい。

お店のすぐ近くにはなんともおめでたい名前の満足稲荷神社もあります。

→ 青衣ブログ

雪輪

今年は例年よりも早く雪の予報を聞いているような気がします。

これは日本の伝統文様「雪輪」

image_888_640_0

顕微鏡のない昔から雪の結晶はこのように表現されていたんですね!

 

この着物は名古屋徳川美術館所蔵の「雪輪に蒲公英文様」

tokugawagal

徳川美術館は現在、館内メンテナンスのため休館中

新年は4日から開館です。


※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社