Leaf 12月号

関西の情報誌Leaf 12月号に青衣が掲載されました。

51niijoJXaL._SX385_BO1,204,203,200_

こちら → 青衣ブログ

SAVVY 奈良特集

京都を特集した情報誌というものは何種類もあり、特に紅葉のこの時期は書店にあふれかえっています。

それに比べ奈良は本当に少ない。

業界の人によると奈良特集はほぼ3~4年に一度だとか・・・・・

 

そんな希少な奈良特集が関西の情報誌「SAVVY 12月号」で掲載されました。

かわいらしい鹿の表紙

23376127_1498786403568918_4599594222337847582_n

クリエイティブビレッジとして最近注目を集めている僕の故郷も「宇陀~東吉野エリア」として載っています。

これもまた希少ですね。

OZmagazineの9月号は「アートな町へ」

アートと言えばこのところなにかと話題の北陸

富山は新しく開館した富山県美術館

金沢は21世紀美術館

芸術祭の行なわれる奥能登

など

他には京都、神戸、松本、十和田、石巻、横浜、六本木

アート情報満載です。

3bcde2975e774631a7fd1c6aea331902

山の日

8月11日が「山の日」になったからか、我が社も含めほとんどのところが今日から夏季休暇のようです。

ウィキペディアによると

「山の日は、2014年(平成26年)に制定され、2016年(平成28年)に施行された日本の国民の祝日の一つである。

祝日法(昭和23年7月20日法律第178号)第2条では、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としているが、山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではない。」

とあります。

まだまだ馴染みのうすい祝日ではありますがこの日が祝日となったことで夏季休暇が長い目になったとも言えそうです。

 

さて、山と言えば「富士山」

我が社のブランド「青衣」のブランドムック本が先月22日に宝島社さんから発売されました。

モデルは青衣ブランドデビューの取材の時、着用してくれたkanokoちゃん!

20108608_1285195008276505_6143870252131660167_n20229255_1285195011609838_3507973369982600466_n

これが書籍と言えるのかどうかちょっと疑問ですが業界ではマルチメディアと言うそうです。

使い勝手のいい富士山柄手提げバッグ付です。(こちらがメイン?)

ブランドの小冊子も付いていますので本屋さんでぜひ!

 

 

かたわれどき

先月にも7月4日のブログでも紹介しましたが今、静岡で新海誠展が開催中

さらに美術画集も刊行したみたいです。→ こちら

先月大ヒットした「君の名は。」のDVDも大ヒットしているようです。

その映画の中で出ていた言葉「かたわれどき」

日が暮れる夕方の一瞬の時

一昨日のかたわれどきは美しかった。

20637896_1413328078781418_3745273269434257192_n

 

 

美術の窓8月号

今年2017年下半期の注目展覧会情報が掲載された「美術の窓8月号」が発売されています。

M407-3A32E6BAF49FAE7134C6641BBBFE738A

北斎展、ゴッホ展、アルチンボルド展、ミュシャ展など

人気画家の展覧会が中心

動物園と水族館

いよいよ夏休み

上野動物園のパンダの赤ちゃんが話題を集めていますがいつ一般公開になるのでしょうか。

動物園と水族館を特集したカーサブルータスが発刊されました。

1518462_p

日本だけではなく世界のユニークな動物園・水族館が紹介されています。

和楽8・9月号

2017年後半は国宝展、浮世絵など日本美術が注目

和楽の8・9月号は日本美術の特集です。

waraku20170809H1-421x537

出雲・松江特集もなかなか良かったです。

とんでも春画

一昨年、東京の永青文庫で行なわれた「春画展」がブームの火付け役となり、昨年春の京都細見美術館で大きな話題を集めた「春画」

ちょっとブームも下火になったのかと思っていましたがこんな本が刊行されました。

新潮社(とんぼの本)「とんでも春画: 妖怪・幽霊・けものたち」

33611459

新たな春画のイメージ

怖いもの見たさにいかがでしょう。

広重

今日は広重関連の情報をいくつか。

 

歌川広重の生誕220年で昨年春から巡回していた「広重ビビッド展」

昨年春に東京(サントリー美術館)から始まり~福山(ふくやま美術館)~大阪(なんば高島屋)~福島(福島県立美術館)

今年の春から新潟(新潟市美術館)で再開し先月終了、あと残り1会場、秋に北九州市立美術館を残すのみとなりました。

北九州は分館で9月16日~10月29日

 

静岡市東海道広重美術館では「広重・豊国・国芳展」が開催中です。

 

最後に、講談社より刊行となった『広重TOKYO 名所江戸百景』

9784062205078_obi_w

名所江戸百景」が描かれた場所を現地取材を行い、全作品に現在の写真を掲載。

広重「名所江戸百景」の決定版です!

 

 

 


※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社