■スター・ウォーズ 最後のジェダイ

26166107_1552956778151880_7034546046762168078_n

今年も元旦にSW鑑賞

懐古的だったけれどファンの為の作品だと納得できた一昨年のエピソード7

まったくの別物として楽しめた昨年のローグワン

で、新三部作の二作目としての今年のエピソード8

ちょっと、もう、いいかな・・・・・という感想です。

 

■キングスマン ゴールデン・サークル

26239362_1558266420954249_3209047707485226360_n

アクションのキレ味は前作より劣るもののギャグのひねりと悪ノリは前作以上。
エルトン・ジョン本人役で大活躍。

 

■希望のかなた

19598760_1571240832990141_3815460670127991569_n

大人気のアキ・カウリスマキ監督の待ちに待った最新作

前作「ル・アーヴルの靴磨き」同様、難民問題を取り上げいつもの独特の描き方でちょっと可笑しく皮肉る。

難民の青年の最後の表情にすべてが詰まった心温まる作品です。

 

■デトロイト

27336293_1579411858839705_3861310489915639207_n

衝撃の実話「デトロイト」

1967年7月25日デトロイトの名門劇場フォックスシアター
ステージ上にはマーサ&ザ・ヴァンデラス
出番を待つのはスターを夢見る若き日のドラマティックス(彼らまだ10代)
パフォーマンスがうまくいけばモータウンと契約出来るかも。
いよいよ出番と言う時に公演中止となり暴動に巻き込まれる。
デトロイトが荒廃したきっかけの暴動の事は少しだけ知っていましたがドラマティックスがこんなカタチで巻き込まれていたとは知りませんでした。
結局、モータウンとは契約にいたらずその後、南部のスタックスと契約しスターとなったんですね。

27067789_1579411888839702_3645530480964524358_n

この暴動に巻き込まれてなければラリー・リードはグループを辞めてなかったしドラマティックスはモータウンと契約出来ていたかもわかりません。
最後にラリーが教会でゴスペルを歌うシーンは泣けました。

 

そして1月映画以外では

2018年落語始めは少し笑いのハードルさげて気軽に楽しむ市民落語会

26231674_1564286997018858_2760229479144471962_n

三遊亭わん丈と桂三度の東西落語
三遊亭わん丈は滋賀県出身初で唯一の江戸落語家で一昨年二つ目に昇進の若手。九州福岡でバンドのボーカル~FM局のDJ~落語家という変わり種。
桂三度も滋賀県高島出身だそう。

演目はまずわん丈が子供にもウケる「転失気」

三度が「時うどん」

中入りがあって再度わん丈で「五貫裁き」

■「彼女がその名を知らない鳥たち」

23031379_1493877517393140_27263306005426395_n

イヤミスで話題の「かの鳥」

ちょっと気になって文庫本を読み読後の余韻残っているうちに映画を観ました。

 

■「エネミーズ」

23132116_1495638377217054_1584843770719807188_n19247793_1495638397217052_6464975698906136124_n

京都ヒストリカ映画祭でめったに観る機会のないブルガリアの作品を観ました。

陸戦には強いけれど海が無く戦艦の無いブルガリア軍の滑稽な作戦を皮肉たっぷりに描いた作品

白黒ですが最新の映画です。

 

今月は落語を二回楽しみました。

■立川志らく京都の会

23376485_1502468206534071_5269467630257627376_n

ちょっと早い目の年越し気分「芝浜」

 

■立川志の輔独演会

23621251_1509630895817802_3027459337543695899_n

今年で9回目の志の輔落語

今年は「茶の湯」と「宿屋の富」、古典の滑稽噺をたっぷり

 

コンサートも1回

■ザ・チーフタンズ

23843177_1515330151914543_2618247034269549448_n

アイルランドの国宝級バンド55周年コンサート

今年はアイルランドと日本は外交関係樹立60周年

それもあって今回の来日は結構注目されているようです。

2017年12月6日(水)放送のNHK「おはよう日本」 (AM4:30~8:00)内、“check!エンタメ”にて、ザ・チーフタンズの来日インタビュー、および特集が紹介されます。

※「check!エンタメ」は7時台に放送予定 → 番組ホームページ

 

今月は自宅でも結構映画を観ました。(レンタル準新作100円が2回あったので)

「奇蹟がくれた数式」感想はと言うとスラムドッグミリオネアの男の子おっきくなったなぁ…ぐらい。

「ピザ!」たぶん劇場公開してなかったと思いますがなんとなく借りたわりには良かった。
「愚行録」本も読んだけどイヤミスはやっぱり嫌です。問題起こして消えた小出恵介を見ることが出来ます。
「ラ・ラ・ランド」セッションのトラウマがあるので敬遠してたのですが、100円なら良いかと借りたけどやっぱり僕はこの監督ダメです。耐えられず途中でやめた。
「家族の灯り」100歳を越える監督の超ベテラン俳優が演じる上質な戯曲のような作品らしいけど僕には無理でした。
あと、テレビでは良いのやってました。
DVD持ってるのに観た「シンゴジラ」
何度見ても良い「ショーシャンクの空に」
観れば観るほど好きになってしまうアキ・カウリスマキ監督。BSで「ル・アーヴルの靴みがき」やってました。そのちょっと後に小津安二郎監督の「秋刀魚の味」というのも良い流れでした。
今週末公開(京都は1月)の「希望のかなた」楽しみ!

 

展覧会、イベントシーズンでなかなか映画館には行けないですが

秋の夜長、DVD鑑賞には良い季節です。

 

■「ブルックリン」 2015年アイルランド、イギリス、カナダ

22279480_1470539466393612_4536183673053371726_n

1950年代、アイルランドからニューヨーク・ブルックリンにやってきた移民の少女の青春

良い映画でした!

 

■「アイ・ソー・ザ・ライト」 2015年アメリカ

22279479_1470539496393609_1942083289700464429_n

1950年代アメリカで活躍したカントリー歌手ハンク・ウィリアムスの伝記ドラマ。29歳の若さで他界するまでのわずか6年間という短い活動期間ながら、後の音楽界に多大な影響を与えた偉大な歌手の功績とその素顔を描く。

 

今月、映画館には行けませんでしたが台風の中、月末に落語とコンサートのハシゴ

22852944_1489004404547118_6780504758785832291_n23032340_1489023264545232_8129916202028774653_nそれにしてもまた最近訃報が続きました。

今月はトム・ペティ、亀渕さん、エンケンさん

そしてファッツ・ドミノ

■「幼な子われらに生まれ」2017年日本

21314660_1440118442769048_8796232084583675358_n

バツイチ同士で再婚した夫婦。
妻の妊娠をきっかけに家族それぞれが変わっていく中で葛藤する父親が主人公。
キャリアウーマンの元妻、元妻と暮らす実娘、なにかと頼ってくる専業主婦の現在の妻、本当の父に会いたいと反発する妻の連れ子、家族を捨てた現在の妻の元夫、元妻の現在の夫は末期ガン、仕事では出向を命じられ、なんとも辛いお父さんです。
でも、最後には新しく産まれる命が希望を持たせてくれる。
「幼な子われらに生まれ」タイトルに納得の作品

 

■「スケッチ・オブ・ミャーク」2011年日本

21762146_1457400071040885_6151155141983604238_n

main_myark-700x393

宮古島のおばあ達、ツカサ(神司)たちのドキュメント映画

土地の言葉で「ミャーク」と呼ばれる宮古島には、島での生活や神への信仰から派生した歌が、長きにわたり人々の間で歌い継がれてきました。生き証人である島の老人たちはこの映画の中でその昔、厳しい生活と信仰と歌がひとつになった時期があったことを語っています。

沖縄本島の洗練されたイメージとは少し違う泥臭いソウルというかブルースと言っても良いような唄だと感じました。

 

■「ラビング 愛という名前のふたり」2016年イギリス・アメリカ合作

21762048_1458788374235388_8013449137715975378_n

異人種間の結婚が違法とされていた1950年代のバージニア州を舞台に、自らの愛を貫き通すべく戦ったラビング夫妻の実話を映画化したヒューマンラブストーリー。

 

■「黄金のアデーレ 名画の帰還」2015年アメリカ・イギリス合作

22007657_1458788384235387_4740865053385254297_n

クリムトが描いた世界的名画オーストリアのモナリザといわれた「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」をめぐって実際に起こった裁判とこの作品に秘められた数奇な物語を描いた作品。

 

■コロッケ&京フィル@春秋座

21271079_1439254679522091_4374856139942138355_n

映画ではありませんが知人に誘われものまねお笑いのコロッケと真面目な京フィルのコラボというちょっと変わったコンサート

意外な組み合わせがなかなか見応えのあるエンターテイメントになっていました。

 

■MOJO SAM@拾得

21615969_1445179915596234_5570902158739405092_n

9月9日(土)の夜は夏の終わりの拾得ナイト

週末の落語会

一週間前のブログで紹介した落語会

予定変更で時間が出来たので行ってきました。

18485290_1330670487047178_3231667817476161434_n

京都文博 噺の会 古典落語の滑稽噺をキッチリとやってくれると評判の

三遊亭兼好さん京都で初めての独演会

18425345_1330670500380510_2780213136814070699_n

さすが圓楽一門きっての逸材!

週末の午後、楽しませていただきました。

今日はGW最終日、最後の休日はどこへも出かけず自宅でゆっくり過ごしている方も多いのではないでしょうか。

 

今日はGWのおすすめではなく、次の週末のおすすめ

GWが終わってもまだまだお楽しみがありますよ~ってことで

次の週末に向けて京都ですがおすすめの催しをひとつ紹介。

 

昨年、立川志の輔の落語に行ってからすっかり落語にはまりまして

なかなか落語会に行く機会がないのでせめてCDやDVDでと

夜ベッドに入ってからCDを聴いたりしています。

 

最近、友人にすすめられた若手の注目の噺家、三遊亭兼好

先代円楽一門の三遊亭好楽の2番弟子で、まだ名前も顔もバカ売れしてるわけでなく地味な印象は否めなく大きな会場を埋め尽くすほどの人気もまだない。

が、近い将来に名人と呼ばれる噺家に大成するのは間違いなく、彼曰く、既に現6代目円楽よりも好ましい存在だと。

 

この人の落語会が今度の週末5月13日(土)2時から京都文化博物館6階和室であります。

全自由席前売り¥2,800 当日¥3,000 → こちら

7a72c58600e72ec9ac3f35f9e8d636f6-200x282

僕はちょっと別の予定があり行けないのですが、京都文化博物館ではちょうど「いつだって猫展」が開催中。

展覧会で江戸の猫ブームにたっぷり浸って、その後、江戸落語を楽しむというのはいかがでしょう!

音楽と落語

この週末は音楽と落語を楽しみました。

 

MOJO SAM@拾得

14563537_1146957022085193_6970906065286008759_n

15170939_1146957142085181_5857326964441108744_n

志の輔らくご@春秋座

15037080_1147762728671289_5318874644943194780_n15095643_1147762862004609_6002089489912619547_n

「バールのようなもの」「蜆売り」

どちらも絶品噺し、さらにネタ以外の話が30分もオーバーし、ちょっと得した気分です。

 

落語に詳しい東京の友人から教えてもらった情報で、明日21日は立川談志の命日

亡くなってまる5年

東京有楽町のよみうりホールでは今日、明日と談志祭りを開催中だとか

今日のトリは談春、明日の昼は志の輔、夜は志らくがつとめるそうです。

春秋座で歌舞伎

昨日は京都芸術劇場春秋座で歌舞伎観劇

14502698_1101468669967362_791339123118810298_n

市川猿之助の獨道中五十三驛

なかなかスピーディーな展開で面白かったです。

BENT

昨夜は久しぶりの京都劇場

BENTの観劇でした。

13938540_1044172652363631_8355938347506485277_n

拾得ナイト

今週の締め括りは土曜の夜の拾得ナイト

over 35 years ther’re rolling’ on

13226999_991786827602214_8725097327491571468_n


※掲載記事の画像及び引用文章の著作権については十分留意しておりますが、使用に問題がある場合は削除致しますので、コメントにてお申し出下さい。

Copyright WILLBE 2009 All Rights Reserved.

テキスタイルからミュージアムグッズまで、企画・ デザイン・ 開発 ウイルビー株式会社